【就活に役立つ資格】WEBライティング技能検定ってどんな資格?

WEBライターとしての能力をどう証明すればいいんだろう、スキルアップを果たすために必要なことは……と悩む人も多いはず。そんな人に解決策を示してくれるのが「WEBライティング技能検定」です。

こんにちは、スマイルです。

今後、ますます柔軟な働き方が進む中、どんな場所でも働ける方法として、WEBライターという選択肢を選ぶ人が増えるはず。未来において、WEBライターの活躍の場は広がることになるでしょう。ここでは、注目を集める「WEBライティング技能検定」について解説していきます。

WEBライティング技能検定とは?

「WEBライティング技能検定」というのは、一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会による試験制度です。

日本クラウドソーシング検定協会がこうした試験制度を設けたのは、クラウドソーシングを用いて働くための基礎知識や文章作成技術、ビジネスマナーなどを教育し、その能力があると認めることで、仕事を依頼する側、依頼される側の双方にとって役立てようとしたのがきっかけのよう。能力に見合った報酬を得るためにも、とても意味のある検定試験だと言えますね。

選択式の択一問題の他、指定されたテーマとキーワードをもとに記述するライティング問題もあり、受験後の総評によって、さまざまなアドバイスを得られるのもメリットのひとつです。実際のライティングにおける問題点などを具体的に指摘してもらうことができ、今後のキャリアを考えるうえでも、とても有意義ではないでしょうか。

自信を持ってWebライティングができる

WEBライターとしてのキャリアをスタートさせたばかりで、自分のスキルがどの程度のものかわからない。すでに数多くの案件を手掛けているものの、自己流だという認識がある、そろそろWEBライターとしてスキルアップし、単価を上げていきたい……など、WEBライターの悩みもさまざまです。

「WEBライティング技能検定」に合格すると、ライティング技能の向上を実感することができ、ライティングスキルを証明することにもつながります。自分のライティングに自信が持てて、さらに難易度の高い案件に向けてスキルアップできるでしょう。クラウドソーシングなりのビジネスマナーを身につけられるのも、依頼主からの信頼を高める要素になります。

クラウドソーシングの分野でさまざまな人と関わりを持ち、自分の考えを発信していきたいという人にうってつけの検定試験だと言えるのではないでしょうか。

まとめ

WEBライターとしての能力を客観的に認定してもらえるというのは、大きな自信につながります。また、依頼する側にとっても、安心感や信頼感につながるはず。あなたの未来やキャリアを形作るためにも、自身の考えをはっきり言葉にできる能力というのは大きなメリットになるはず。この機会に、WEBライティングを学んでみてはいかがですか。

それでは!

デキルニンの学生起業塾

デキルニンの就職塾

The following two tabs change content below.

smile

学生時代パソコンで遊んでいたら、いつの間にか将来の仕事になっていたwebデザイナー。得意な技術と好きな仕事で楽しくチャレンジしていきたい