キャリアコンサルタントとキャリアカウンセラーの違いと資格の取得方法

キャリアコンサルタントになるためには国家資格を取得する必要があります。キャリアカウンセラーはそのような資格を取得しなくてもなることが可能です。また、キャリアカウンセラーの場合、現場経験が豊富にあれば資格がなくても十分に活躍できます。

近年は、転職などキャリアのあり方が多様化してきています。経済成長をするうえで、個人はもちろん企業としてもキャリアに関するコンサルタントを受ける必要性が増してきました。そのような支援をする人はキャリアコンサルタントやキャリアカウンセラーと呼ばれます。

さて、この2つの間にはどのような違いがあるのかでしょうか。ここでは、キャリアコンサルタントとキャリアカウンセラーの違いを解説します。

キャリアコンサルタントとキャリアカウンセラーの違い

従前は、キャリアに関する支援を行う人が「キャリアカウンセラー」と呼ばれていました。しかし、2016年4月の職業能力開発促進方の改正により、「キャリアコンサルタント」という国家資格が生まれます。

キャリアコンサルタントは主に、労働者の職業の選択や職業生活設計、職業能力の開発などの相談や助言をすることが業務内容です。キャリアカウンセラーとの明確な業務上の違いはありません。明確な違いがあるとすれば、キャリアコンサルタントは資格を所有していて、キャリアカウンセラーは資格を所有していないという違いがあげられます。

キャリアコンサルタントになるには

キャリアコンサルタントになるためには、上述したとおり国家試験に合格する必要があります。キャリアカウンセラーと業務上の明確な違いはありませんが、資格を所持していることでキャリアコンサルタントの能力があると判断されるので、関連のお仕事に就かれる場合は、将来的に取得を検討してみてもいいのではないでしょうか。

キャリアカウンセラーになるには

キャリアカウンセラーになるためには、必ずしも資格を取得する必要はありません。しかしが、なにも知識がない状態ではキャリアカウンセラーとしての就職や転職は難しいでしょう。そのため、民間資格を受けることもおすすめです。民間資格は法的な制限が定められておらず、資格の種類もたくさんあるので、「その資格が信頼するに当たるのか」について確認してから受けるようにしましょう。

コンサルを行うためには、知識のほかにも経験が必要になります。そのため、人事など現場での経験が豊富にあれば、資格がなくてもキャリアカウンセラーとして十分に活躍することができるでしょう。

まとめ

キャリアコンサルタントとキャリアカウンセラーには業務上において明確な違いがあるわけではありません。しかし、国家資格であるキャリアコンサルタントの方が、クライアントに対する信頼度は担保されていると言えるでしょう。ただし、現場経験を豊富に持っている人であれば、資格がなくても十分に活躍することは可能です。

The following two tabs change content below.

デキルニン

デキルニン仕事能力開発集団のマスコット、若者がポジティブに働ける社会を目指している。デキルニンの成分はデキストリン[(C6H10O5)n]と、あとは秘密。


先行動画公開中(無料)デキルニンの就職塾

目指すのは 企業担当者が「会いたくなる」エントリーシート。就活を知る事からはじめて、自己分析の内容を深堀りして整理、自分らしさの表現を学べば魅力的なESが出来上がります。まずは、先行公開版(無料)をお試しください。