デキル大学生の起業も見据えた資格5選

不景気な状況を見据えて、デキル大学生は起業にも就職にも使える資格を学んでおこう。起業は一歩踏み出せない人が多いみたいだから、基礎知識を学んでリスクヘッジをしよう。

こんにちは、スマイルです。

近頃ニュース番組を見てるとベンチャー企業の特集をよく見るようになりましたね。AIやドローンなど新しいイノベーションを活用した会社が注目されています。景気が良いのかな?思った矢先、先日、マクドナルドがデフレ認定をしました。

デフレだと物価と需要が落ちていますので、会社員の減給も予想されますが、こんな時こそ、柔軟に対応できる知識(資格)を持つことが大切です。今回は、起業も見据えた役立つ資格についてご紹介したいと思います。

デフレで待ち受ける事

デフレが進むと、「物の値段が下がり>安売りになる>企業の業績が落ち>社員の給与が減る>消費者の財布の紐もかたくなる>会社は新卒を取る余裕もなくなる」といった負のスパイラルが進みます。
こんな時、プチ起業して、副収入でもあったら、家計が楽になりますが、失敗のリスクを考えると起業は怖いですよね。

日本の起業の傾向について

引用:中小企業庁

日本の起業家の数は全国で500万人以上(全人口4%)と言われてます。英国と比較すると、
開業率(平成27年)は、日本:5.2%、英国:14.3%と、日本の起業意識は低い傾向みたいですね。

起業に関心のない人は、日本:77.3%、英国:36%と、日本は起業に関心がないのですね。
起業後の生存率(5年)は、日本:81.7%、英国:42.3と、日本は抜群に安定しているようです。

また、大企業と比べると社会的信用や評価は高くなく、起業するリスクも高いため、なかなか一歩踏み出せない状況が伺えます。ですが、逆にリスクを考えるがあまり、安定した経営が出来ているのが面白いです。

国内の関心が低いということは、すなわち、それだけ競合が少ないということ。だから、早いうちに起業するのはビジネス的にもチャンスだと思います。

デキルニンの学生起業塾

起業に役立つ資格5選

ビジネスの基礎知識を学ぶために、資格学習は広く深く学べるためオススメです。
経験談や啓発本も楽しいですが、イメージが上手く出来ず、実務に使えない知識では意味がありません。
しっかり基礎知識を学び、起業の不安を払拭しましょう。

・簿記検定

お金の管理のため財務諸表にまとめる知識が必要です。
資金繰りを度外視した経営は現代では通用しませんよね。

・FP技能士検定3級

保険・年金・税金・金融などを幅広く知っておきましょう。
税理士に相談する際にも使える知識です。

・ビジネス実務法務検定

ビジネスをする上で、契約は必ず発生しますので、幅広く法律を知っておく必要があります。
詐欺に合わないためにも学んでおきましょう。

・中小企業診断士

事業計画やマーケティング、補助金制度など会社経営に必要な知識が得られます。

・パソコンスキル

現代ではPCを使わないほうが珍しい時代です。
ITスキルやプログラミングスキルを持っていると、仕事の効率化に効果絶大です。

まとめ

起業の前に学ぶべき知識はたくさんあります。上記で紹介した知識は、最低限必要なものですので、ほかにもMBAや金融など、ビジネスの内容によって変ります。

もし大学生であれば、学業に加えて起業の知識を学ぶ必要があるため、4年間では時間が足りない事があります。
そんな時は、起業向けのビジネススクールを活用する事で時短が行えますが、せっかくお金を出すのであれば、起業に活かせる、必要最低限の知識を、わかりやすく最短で学びたいですよね。

学生起業塾(Eラーニング+ライブ収録講義の学習プログラム)は

・起業家が相談にくる「専門家」が教えるから
・起業に必要な最低限の知識を約14時間で学べる
・講師経験豊富な講師ががわかりやすく教えてくれる

ためスマイルもオススメです。

是非、試してみてくださいね。それでは!

デキルニンの学生起業塾

The following two tabs change content below.

smile

学生時代パソコンで遊んでいたら、いつの間にか将来の仕事になっていたwebデザイナー。得意な技術と好きな仕事で楽しくチャレンジしていきたい