意外な穴場!?お子さんを展示会に行かせましょう!

興味のある企業の情報が手に入れる場所…。それは、企業説明会やホームページだけじゃありません。意外にも展示会が使えるのです!企業の未来が見える場所、企業を実感できる場所、それが展示会です。就活の一環として、お子さんを展示会に参加させてみませんか?

こんにちは。人財育成コンサルタントの吉田竜一です。

今回は展示会についてのお話です。
実は、展示会はお子さん自身の「これをやってみたい!」という動機付けに最適な場所なのです。強い動機は強いモチベーションに繋り、選考を有利に進める上で武器になりますので、ぜひお子さんに展示会への参加を推奨して欲しいです。

実に様々な展示会が開催されている!

展示会や見本市と言うと、「東京モーターショー」や「東京ゲームショウ」などを思い浮かべる方が多いでしょうか。確かに、メディアで取り上げられる展示会や見本市となると、最新エレクトロニクス産業やコンテンツ産業のイベントが多いです。最近では、AIや情報セキュリティ関連の展示会も特に多いように感じます。ただ、そういった一部の先端技術産業だけではなく、実際は非常に多種多様な産業の展示会が開催されています。

例えば、筆者の仕事領域である企業研修や人材採用といった教育・人材サービスをテーマにした展示会なんてのも開催されていたりします。医療・介護サービスや娯楽・レジャー施設といったサービス業領域の展示会も多数開催されています。エレクトロニクス以外の製造業領域としては建築・建材の展示会や、製薬、繊維関連のイベントもあります。

お子さんの志望業界や興味のある業界の展示会が開催されていないか一度検索してみてください。

方法としては、東京ビッグサイトや幕張メッセ、東京国際フォーラム(関西圏の方はインテックス大阪なども)といったイベントホールのイベントスケジュールを確認するのが手っ取り早いでしょう。

もしくは、日本貿易振興機構(JETRO)のホームページで「世界の見本市・展示会情報」というページがありますので、そちらで国内イベントを検索してみるのも良いです。

展示会は業界最先端を探るのに最適!

展示会は業界各社が「今(もしくは近い未来に)売りたい商品」をアピールする場ですので、業界の最新動向を探るのに最適です。「これがやりたい」と夢を持てるような材料(志望動機のネタとしても使えます)がたくさん転がっているのです。

また、実際の商品を手に取る・体験するといったことが可能な点も見逃せません。特に、BtoBのビジネスをメインにしているような業界ですと、実際の商品やサービスに触れることが一般消費者には困難な場合が多いため、こういった会場で現物に触れることができるのは「実感を持つ」という意味で非常に価値のあることです。

さらに、社員の方と直接話ができるという点も魅力です。企業としても力を入れる場面なので、採用イベントには普段なかなか顔を出さないような最先端技術の担当社員も結構来ています。

志望の「本気度」を伝える武器にもなる

上記のような内容に加え、面接やESの武器としても展示会は優秀です。

志望動機のネタとして使えるのは先述した通りですが、それに加えて「〇月〇日に△△会場で開催された展示会にお邪魔したのですが…」と話すだけで、「志望の本気度を伝える」や「行動力を示す」ことに繋がるからです。少なくとも、説明会とホームページだけを見てエントリーして来た学生よりは高評価になると思います。

見分を広め、就活での優位性を築くために展示会は非常に有用です。2019春の選考に参加する方にとっては時間的に厳しい面もあるかもしれませんが、お子さんが興味を持ちそうな展示会を見つけた場合は、ぜひ参加するように推奨してください。

以下のコーナーで、親御様のお子さんの就職活動に関するお悩み相談を受け付けております。

人材育成コンサルタント・吉田竜一の就活プロファイル

The following two tabs change content below.

吉田 竜一

大手外資系企業のプロジェクトマネージャーを経て、人財育成コンサルタントに転身後、人材育成研修等のプラン設計・講師などを歴任。現在、アンタントコンサルティング株式会社代表。「企業と人財のミスマッチを防ぎ、現場力を高める」がモットー。

人材育成コンサルタント・吉田竜一の就活プロファイル