就活生の落とし穴!第一印象は面接よりも前に決まる

企業と就活生が初めにコンタクトするのは、履歴書・ESという書面です。つまり、企業の学生に対する第一印象形成のスタート地点は、面接よりもだいぶ前の段階で始まっているということ。あなたのお子さんの履歴書・ESは大丈夫でしょうか?

こんにちは。人財育成コンサルタントの吉田竜一です。

今回は就活での第一印象についてのお話です。面接官の第一印象の形成過程について考えてみます。

「第一印象」が大事なのは間違いない!

新卒採用だけでなく、訪問営業にしろ、結婚前の挨拶にしろ、人を評価するのに第一印象が重要なのは間違いありません。

人間の頭の中に「この人はこういう人」という印象が一度形成されてしまうと、それを覆すのは、なかなか難しいものです。「この人は仕事ができそうだ」と面接官が第一印象を持てば、些細な失言やマナー上の問題点があっても「これくらいは入社後に指導されるだろう」と見過ごされたり、「抜けていて可愛いトコもあるんだね」くらいで流されたりします。

逆に、「コイツは部下にしたくないなぁ…」と思われてしまうと、ちょっとした失言1つで「考え方が甘い!」とか「分かってねーなー!」なんて鬼の首を取ったように減点して、評価用紙にメモとして残されてしまいます。

理不尽だと言われれば返す言葉はありませんが、「人と人が対話形式で行う面接って、そんなもんです」というのが正直なところなのです。

『書類』は、第一印象に大きく影響する!

第一印象が大事なのは揺るがしようのない事実ですが、就活における第一印象対策はあまりに「面接での第一印象」に終始していないかと、筆者は問題意識を持っています。

と言うのも、第一印象の形成がスタートするのは、志望者が面接室のドアをノックした瞬間ではないからです。面接開始前に対象者の履歴書やESを運営側から渡された瞬間が、概ね真のスタートなのです。

「次の面接対象者はこの人です」と運営側から渡された履歴書・ESを見て、「真面目だけど神経質っぽいなぁ…」とか、「何が言いたいのかよくわからん人だなぁ…」と思いながら第一印象の形成が始まっているということです。

また、筆記試験にて小論文を課すような企業ですと、書いた小論文も一緒に出てくることが多いです。小論文が第一印象に及ぼすインパクトは非常に大きいので注意が必要です。

小論文作成能力は書類作成能力に直結します。「限られた時間内に、与えられた課題に適したメッセージを端的にまとめる能力」というのは、ビジネス現場での書類作成に求められる能力だからです。

さらに、多くの企業で1次2次面接を担当する中堅社員(課長・係長クラス)にとって、「部下の作る書類のレベルが酷くて修正だけで日が暮れる」というのは、ほぼ全員共通の悩みです。そんな面接官からすると、書類作成能力って「使える奴」と「使えない奴」を区分けする重要な判断基準なのです。

それこそ、読みやすい文章を書いてくれる人が「神か仏か」に見えちゃったりするくらいです(冗談に聞こえるでしょうが本気の話です)。

この記事をお読みいただいている親御様の中にも、そのような経験をされている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

デキルニンの就職塾 – 魅力的なESはトレーニングで獲得できる

「面接ができていれば受かる」という考え方は危険!

ESや履歴書提出は複数社の締切日が被りやすいですし、面接までは時間的余裕もあるため、「微妙な箇所は面接でカバーだ」という言い訳のもとで「荒い書類作成」をしてしまいがちです。

ビジネスの現場でも同じで、締め切りギリギリになって「とりあえず『っぽい書類』を提出する」というのはよくあることです。でも、よくあることだからこそ、書類がしっかり書ける人は貴重ですし、良い意味で目立ちます。

お子さんが、ESや履歴書のクオリティによって志望企業から悪い印象を持たれないためにも、お子さんの書類を確認することをおススメします!

人材育成コンサルタント・吉田竜一の就活プロファイル

The following two tabs change content below.

吉田 竜一

大手外資系企業のプロジェクトマネージャーを経て、人財育成コンサルタントに転身後、人材育成研修等のプラン設計・講師などを歴任。現在、アンタントコンサルティング株式会社代表。「企業と人財のミスマッチを防ぎ、現場力を高める」がモットー。

人材育成コンサルタント・吉田竜一の就活プロファイル