プロが伝授!就活での『成長企業の探し方』

安定性や待遇を重視して企業選びをするお子さんではなく、「大企業じゃなくて成長企業に入りたいんだ!」というお子さんを持つ親御様に、デキルニンから朗報です!
企業分析のプロが、「みんなが知らない成長企業の探し方」をこっそり教えます。

こんにちは。人財育成コンサルタントの吉田竜一です。

今回は、企業探しのヒントを1つご紹介します。

特に、「大企業とかブランドとかじゃなくて、世の中の先端に行きたいなぁ…」なんて考えている貪欲なお子さんがいらっしゃる場合は有用だと思いますので、ぜひご一読ください。

成長企業を探すという困難

就活において企業選びをする際、「成長している企業に入りたい!」という考え方を持つ学生がいます。

「大企業だったらなんでもいい」という学生に比べると、「のし上がってやりたい!」という生命力を感じる分、筆者個人としては好ましいように思います。

しかし、この成長企業志望者には特有の悩みがあります。

「成長企業ってどうやって探せばいいのか分からない」ということです。

生活をしていれば自然と名前が耳に入ってくる大企業・有名安定企業と比較すると、まさに今成長している企業の名前を聞くことは圧倒的に少なく、特にBtoBの成長企業などは、その存在を認知すること自体が皆無に等しいはずです。

投資信託組み入れ銘柄を参考にする

ここで、筆者がオススメする成長企業の探し方をご紹介します。

それは、「成長株を中心に運用している投資信託の組み入れ銘柄を参考にする」という方法です。

昨今、NISAの法制定などに合わせて投資信託の種類が増えており、「国内の成長企業への投資をターゲットにした投資信託」も増えています。

これらの投資信託に組み込まれる企業は、最低限「証券のプロから見て、株価が上がって儲けられそうな企業」であると言えます。

その投資信託の投資先リストを参照することで、「最近、注目されている中小企業はどこなのか」「どんなビジネスにおいて新興企業が存在感を発揮しているのか」といったことが見えてきますので、成長企業リストアップの大きな助けになると思います。

参考に2つほど投資信託をご紹介しますので、お子さんと一緒に組み入れ銘柄をチェックし、どんな事業を展開しているのか調べてみると良いでしょう。

①マネックス・日本成長株ファンド 
②三井住友DSアセットマネジメント・ニッポン中小型株ファンド 
※両方とも、ページ中の「月次レポート」に、組み入れ銘柄の記載があります

どんな業務を任されるかはシビアに見る

ただし、こういった成長企業にエントリーする際は、どういった業務・キャリアプランが用意されているかをシビアにチェックするようにしてください。

成長途上にある企業は10年スパンでの人材育成なんて考える余裕はなく、良くも悪くも「人が必要な部署に、新人を突っ込む」という方針になりやすい傾向にあります。

つまり、企業によって、時期によって、新人社員のキャリアプランや担当業務などはコロコロ変わるということです。

「商品企画をやりたいと思って入社したが、別部署に配属されてしまった。加えて実は、商品企画はデザイン会社に丸投げだった」なんて入社後に発覚しては不幸ですから、事前の見定めが不可欠なのです。

加えて、その企業が5年先、10年先も成長していける企業かどうかもチェックが必要です。

「入社した時がピークだったなぁ…」となってしまうと本末転倒ですから、「この企業の今売り出しているものは何か?それ以外の2の矢、3の矢はあるか」という視点でもチェックするとよいでしょう。

成長企業に身を置きたいというのは非常に良い視点だと思います。

しかし、成長企業の募集枠が全て「商品企画担当者」とか、「将来の幹部候補枠」であるとは限りませんし、その企業の成長が今後何十年と続くとも限りません。

リストアップした成長企業の説明会に参加し、2の矢3の矢があるのか、そして自分の希望する仕事や待遇が得られるのかはシビアな目線でチェックするようにお子さんに伝えてあげてください。

就活を控える大学生の親御様へ

現在、デキルニンでは【デキルニンの就職塾】という就活支援サービスをご提供しています。

一人の就活生に対して一人の就活トレーナーがマンツーマン指導を行い、『提出先企業に最適なESが書けない』『なかなかESが通らない』『面接で落とされてしまう』などの課題を解決します。

また、近時早期化する就活現場の動きに合わせて、『早期に動き出してライバルに差をつけたい』『志望企業のインターン選考を突破したい』『短時間で集中的に就活対策がしたい』という大学1~2年生にも最適です。

【デキルニンの就職塾】で就活トレーナーとして指導するのは、キャリア形成サポートのプロである“キャリアコンサルタント(国家資格保有者)”です。

キャリアのプロだからこそできる専門的かつ効果的な指導で、お子さんの内定をグッと引き寄せます!

デキルニンの就職塾

The following two tabs change content below.

吉田 竜一

大手外資系企業のプロジェクトマネージャーを経て、人財育成コンサルタントに転身後、人材育成研修等のプラン設計・講師などを歴任。現在、アンタントコンサルティング株式会社代表。「企業と人財のミスマッチを防ぎ、現場力を高める」がモットー。

アンタントコンサルティング株式会社HP

人材育成コンサルタント・吉田竜一の就活プロファイル