就活工程管理ツール “就活工程表”を作る~戦略編~

約8000人の読者が読んだ就活工程管理記事の続編が登場!
今回は、実際にどのように【就活工程表】を作ればいいのか、どのように使えば万全の就活工程管理ができるのかを分かりやすくお伝えします。オリジナル【就活工程表】のDLもできます!

こんにちは。人財育成コンサルタントの吉田竜一です。

今回は、『就活工程表』を再び取り上げます。

『就活工程表』をテーマにした前回のコラムは大変ご好評をいただき、「もっと詳しく知りたい」というお声も頂戴しておりますので、今回と次回の2回に渡って『就活工程表』の作り方と実際の使い方を詳しくご説明します。

『就活工程表』の必要性

就活であろうが、仕事であろうが、受験であろうが、結果を出すためには「ゴールまでの道筋を描いた具体的なスケジュール・工程表」が必要です。

いくら資質のある人間であっても、スタートのタイミングが遅れてしまったり、すべきことが見えていなかったり、残弾(=選考に残っている企業数)管理ができていなかったりすると、「内定が取れない!(いわゆる『無い内定』状態)」となりかねません。

就活を突破するための「計画と管理」が必要なのです。

就活工程表はとにもかくにも、まずは「作る」ことが大事です。頭の中でボンヤリと「そろそろESを書いてみないと…」とか、「筆記試験の対策をしないと…」と思い浮かべるだけでは危機感も湧きませんし、行動につながりません。

「目標」や「すべきこと」を文章・表にすること、つまり、視覚化することで行動につなげやすくするツールが就活工程表なのです。

デキルニンの就職塾 – 専門家が教える個別指導の就職塾

まずは、就活の「最終目標」を明確に!

では、ここからはどんな就活工程表が望ましいのか考えてみましょう。

就活工程表を作る上で最初にすることは、「最終目標」あるいは「勝利条件」の設定です。

まずは「こうなれば就活は成功!」と言える目標ラインを設定してください。この最終目標の設定を曖昧にしてしまうと、行動全てが曖昧な方向性を帯びてしまうので、最終目標は具体的に設定しなければいけません。

例えば、「〇〇業界トップ3社のいずれかの内定を得る」というのと、「業界はどこでもいいから、安定企業の正社員総合職の内定を得る」という最終目標の差があれば、当然すべきことは違ってきます。就活における最終目標を明確にして、それを達成する道筋を描くことが大事です。

ちなみに、確固とした最終目標を持つのは良いことですが、変更が必要になった場合にはきちんと変更するようにしてください。

就活を進めていくと「残念ながら、〇〇業界は自分には向いていないようだ・・・」とか、「暇つぶしのつもりでイベントに参加したけど、この職種は面白そうだ・・・」といった気づきを得ることがあります。

そういった気づきがあったにもかかわらず、当初の目標にこだわるのはナンセンスです。

1ヵ月単位で「すべきこと」を整理する

最終目標が定まったら、次に、「すべきこと」を月単位でイメージしていきましょう。

例えば、3年生の夏、8月から本格始動するとして、

★8月にすべきこと
「就活ガイド本を熟読して就活全体の流れを把握し、工程を随時チェック&更新」
「やるべきタスクを洗い出す」
「選考を通過した夏インターンに向けての準備と参加」

★9月にすべきこと
「ESを試験的に書いてみて使えるエピソードと使えないエピソードを明確にする」
「〇〇業界のインターンイベントに参加して、仕事の具体的なイメージを掴む」

★10月にすべきこと
「自己分析を完了させ、ブラッシュアップする」
「学業でアピールするエピソードを用意するためにゼミの担当教授に相談する」

といったように、ゴールから逆算した上で、「何をすべきなのか」を設定していきましょう。

次回へ続く!

就活工程表は「最終目標を達成する(就活で勝利する)」ための必須ツールです。

目標達成のために、勝つためには「何が課題か」「何をしなければいけないのか」「進捗状況は順調か」を整理・把握する必要があります。

次回はその辺りを踏まえて、就活後半の細かい工程管理についてご説明します。

↓続きはコチラ↓

就活工程管理ツール “就活工程表”を作る~実践編~

『就活工程表』がDLできます!

「どんな就活工程表を作ればいいのかサッパリ分からない…」とご心配の皆さん、ご安心ください!

一から作ると手間のかかる就活工程表をデキルニンがご用意しました!

いま、デキルニンが運営するコミュニティーサイト「デキルニンサロン」にご登録いただくと、就活工程表(PCで使用できるエクセルデータ)がDLできます(無料)。

ログイン後画面の<運営からのお知らせ>よりダウンロードしてください。

★就活工程表DLへGO!

就活を控える大学生の親御様へ

現在、デキルニンでは【デキルニンの就職塾】という就活支援サービスをご提供しています。

一人の就活生に対して一人の就活トレーナーがマンツーマン指導を行い、『提出先企業に最適なESが書けない』『なかなかESが通らない』『面接で落とされてしまう』などの課題を解決します。

また、近時早期化する就活現場の動きに合わせて、『早期に動き出してライバルに差をつけたい』『志望企業のインターン選考を突破したい』『短時間で集中的に就活対策がしたい』という大学1~2年生にも最適です。

【デキルニンの就職塾】で就活トレーナーとして指導するのは、キャリア形成サポートのプロである“キャリアコンサルタント(国家資格保有者)”です。

キャリアのプロだからこそできる専門的かつ効果的な指導で、お子さんの内定をグッと引き寄せます!

デキルニンの就職塾 – 専門家が教える個別指導の就職塾

The following two tabs change content below.

吉田 竜一

大手外資系企業のプロジェクトマネージャーを経て、人財育成コンサルタントに転身後、人材育成研修等のプラン設計・講師などを歴任。現在、アンタントコンサルティング株式会社代表。「企業と人財のミスマッチを防ぎ、現場力を高める」がモットー。

アンタントコンサルティング株式会社HP

人材育成コンサルタント・吉田竜一の就活プロファイル