就職先に中小企業を選ぶメリット・デメリットを考える

例年、日本の就活生は大手志向と言われていますが、日本に存在する企業の99.7%が中小企業である事実から考えると、当然のことながら就活生のほとんどが中小企業に入社することになります。そこで今回は、中小企業へ入社する場合のメリット・デメリットについてのお話です。

こんにちは。人財育成コンサルタントの吉田竜一です。

前回は大企業の抱えがちな問題点についてお話ししました。今回は、視点を中小企業に変えて、中小企業に就職するメリット・デメリットについて考えてみましょう。

中小企業就職のメリットは?

中小企業に就職するメリットの1点目は「配属部署が早期に分かる」ことです。

中小企業における採用は「人手の足りない部署に、必要なだけ人員を補充する」というのが主目的ですので、どの学生をどの部門に充てるかを大まかにイメージしながら採用面接が進行します。であるため、場合によっては最終面接や内定者懇親会などで早々に配属部門を伝えられたりします。

これに対し大企業の採用では、「企業の長期存続を見据えた頭数の確保」が主目的になりますので、採用面接段階で配属部署の確約は貰えないことがほとんどです。なので、新入社員研修が終わってから「全く希望していない部署に配属されてしまった…」ということもよく起こります。

メリットの2点目は「意思決定者との距離が近い」ということが挙げられます。

100人規模くらいの企業であれば、「社長・取締役が同じオフィスにいる」ことが多いです。会社の意思決定権を持つ人間と接するチャンスが大幅に増加しますので、ちょっとした思いつきやアイデアが幹部の目に留まり、「面白そうだ」と採用される可能性があります。

逆に、従業員数万人というような大企業だと、「単価数千円程度の消耗品1つを購入するために、別のオフィスにいる部長への説明が必要で、説明ミーティングの時間予約をせねばならない」なんてことがあったりします。

つまり、中小企業は図体が小さい分、敏捷性や柔軟性に優れていると言えるでしょう。

デキルニンの就職塾 – 理想の就職を実現

中小企業就職のデメリットは?

反対に中小企業のデメリットの1点目は「逃げ場所が少ない」ところです。

働き始めてから、「この部門の仕事は自分に向いていない」とか、「上司のAさんと致命的に性格が合わない」なんてことが起きた場合、大企業では「人事異動」で別部署に『逃げる』ことが可能です。しかし、中小企業は部署の数自体が少ないため、逃げる先があるとは限りません。

人間関係トラブルにおいては、「部署移動したところでオフィスは一緒。隣の島に移るだけ」なんてことも多いです。ちなみに、離職率の統計にて大企業より中小企業の数値が高くなるのは、この点が大きな一因だと筆者は考えています。つまり、「逃げるためには辞めるしかない」という結論になりやすいのです。

デメリットの2点目は「福利厚生と社員教育」です。

金銭的な経営体力に劣る分、中小企業の福利厚生や社員教育はどうしても大企業に比べると充実度合が一段下がることが多いです。また、大企業は長期的に(場合によっては定年退職まで雇用し続けるという目算で)人を囲い込みたいという思いが強いですので、「福利厚生で忠誠度をアップし、社員教育で個々人の能力をアップさせよう」という意欲も強い傾向にあります。

お子さんは、大企業向きか?中小企業向きか?

お子さんの就職活動において、「名の知れた大企業に入って欲しい」と考える親心はよく理解できます。しかし、実際問題として「大企業の文化と致命的にマッチしない性格の学生」は少なからず存在します。また、長期的な人生戦略によっては「中小企業において、比較的大きめの裁量を与えられた上で経験を積むほうが良い」というタイプもいます。

お子さんの適性がどうであれ、入社後に「もっと規模の小さい(大きい)企業の方が良かった」とミスマッチに気づいても「後の祭り」ですので、企業選びが本格化する前にお子さんと一緒に「大企業と中小企業のメリット・デメリット」を整理し、どちらが向いているのか話す時間を作ってみてください。

就活を控える大学生の親御様へ

現在、デキルニンでは、就活支援サービスをご提供しています。

一人の就活生に対して一人の就活トレーナーがマンツーマン指導を行い、
『提出先企業に最適なESが書けない』
『なかなかESが通らない』
『面接で落とされてしまう』
などの課題を解決します。

また、近時早期化する就活現場の動きに合わせて、
『早期に動き出してライバルに差をつけたい』
『希望企業のインターン選考を突破したい』
『短時間で集中的に自己分析したい』
という大学1~2年生にも最適です。

就活トレーナーとなるのは、キャリア形成サポートのプロである“キャリアコンサルタント(国家資格保有者)”です。

プロだからこそできる専門的かつ効果的なサポートで、お子さんの内定を引き寄せます!

就活トレーナーと内定に近づく一日 – デキルニンの就職塾

The following two tabs change content below.

吉田 竜一

大手外資系企業のプロジェクトマネージャーを経て、人財育成コンサルタントに転身後、人材育成研修等のプラン設計・講師などを歴任。現在、アンタントコンサルティング株式会社代表。「企業と人財のミスマッチを防ぎ、現場力を高める」がモットー。

アンタントコンサルティング株式会社HP

人材育成コンサルタント・吉田竜一の就活プロファイル

このページは役に立ちましたか?