事業の成功・継続のカギは「事業計画書」にある!

起業するうえで必ず必要となる書面、それが「事業計画書」です。ビジネスを興すには自力で「事業計画書」が作れなければお話にならない!だから、『デキルニンの学生起業塾』では「事業計画書」づくりにこだわった指導を行い、みなさんの起業を後押しします!

創業期の最大の課題!それは「資金調達」です

創業期の最大の課題である資金調達。
実際のところ、先輩起業家たちはどのようにして創業時の資金を調達しているのでしょうか?

これは、中小企業庁が発表している「2017年版中小企業白書 概要」のデータです。

(出典:2017年版中小企業白書 概要 20ページ 図1より一部抜粋)

創業期の資金調達方法の内訳を見てみると、多くの起業家が「本人の自己資金」や「家族・親族、友人・知人等からの借入」をメインにしているようです。しかし、本音では、金融機関からの借入を望んでいることがわかります。

ではなぜ、多くの先輩起業家たちは金融機関からの借入を実現することができなかったのでしょうか?

当然のことですが、金融機関から融資を引き出すのは容易なことではありません。なぜなら、金融機関は確実に回収できるであろう企業にしか融資したくないからです。

どんな会社であろうと、新たに立ち上げるビジネスが成功するという確約はありませんから、金融機関からの融資を引き出すためには、そのビジネスの“成功可能性”と“成長可能性”を融資担当者に見せる必要があるのです。

では、どうやってビジネスの“成功可能性”と“成長可能性”を融資担当者に見せればいいのか?

そこで出てくるのが「事業計画書」です。

「事業計画書」とは、ビジネスアイデアを「文字・数字」「図表」を使って、目に見える形にした書面のこと。

この書面を作ることで、これからやろうとしているビジネスが本当に儲かるのか?本当に実行可能なのか?将来成長する可能性があるのか?という点について、客観的視点から冷静に検討することができる、いわばビジネスの設計図です。

したがって、入念なマーケティングに基づいて作成され、かつ、根拠となる数値が明記された圧倒的に魅力的な「事業計画書」が必要になるのです。

デキルニンの学生起業塾

だからデキルニンは「事業計画書」にこだわる!

あなたが、自分のビジネスアイデアにどんなに自信を持っていても、どんなに熱い想いがあっても、あなたの「事業計画書」の内容から未来の“成功可能性”と“成長可能性”が見えなければ、残念ながら誰からも評価を得ることはできません。

つまり、未来の“成功可能性”と“成長可能性”が見える圧倒的に魅力的な「事業計画書」でなければ、資金調達もビジネスパートナーや支援者探しも困難だということなのです。

だから、『デキルニンの学生起業塾』では、あなたのビジネスアイデアを資金調達で躓かせないために、「事業計画書」にこだわった指導を行います!

デキルニンの学生起業塾

だからやります!「事業計画書」のみのビジコン

ビジネスプランコンテストというと、プレゼン資料としゃべくりで、勇猛果敢に自分のビジネスアイデアを投資家などにアピールするというのが一般的ですが、『デキルニンの学生起業塾』で実施するビジコンは「しゃべくりなしの事業計画書だけで勝負する」ビジコンです。

なぜそのような形式で行うのか?

理由は明快です。

起業するにあたっては、資金を調達することができるレベルの「事業計画書」を自分ひとりで作れる力がなければ、そこから先に進めないからです。

塾生となったあなたは、このビジコンに応募するために、何度も何度も「事業計画書」を手直しすることになるでしょう。

そうして、自分のビジネスプランをブラッシュアップして繰り返し磨き上げることで“成功可能性”と“成長可能性”を見出し、起業家として自力で前に進む力を備えることができるようになるのです!

The following two tabs change content below.

デキルニン

デキルニン仕事能力開発集団のマスコット、若者がポジティブに働ける社会を目指している。デキルニンの成分はデキストリン[(C6H10O5)n]と、あとは秘密。