課題解決スピードを早めるためのカリキュラム

デキルニンが発見した創業時の法則!それは「創業時に苦労するところ=創業時の課題」であること&「それらの課題は創業後もずっとつきまとう」ということ。だったら、『デキルニンの学生起業塾』で課題解決力を備えてから起業するのがクレバーな選択!

ずっとつきまとう経営課題ってなんだ?

起業を目指すうえで把握しておきたいことのひとつに、「先輩起業家が創業時にどのような課題に直面しているのか」というものが挙げられます。

これは、中小企業庁が発表している「2017年版中小企業白書 概要」のデータです。

(出典:2017年版中小企業白書 概要 18ページより)

ご覧のように、先輩起業家が直面した創業期の課題として5つが挙げられていますが、デキルニンは、このうちの事業の成功に直結する以下の3つの課題については『デキルニンの学生起業塾』で提供する「学び」で解決できる課題だと考えています。

その3つの課題とは、

資金調達
事業や経営に必要な知識・ノウハウの習得
販路開拓・マーケティング

です。

ちなみに、この3つの課題は、別の記事でご紹介している「先輩起業家たちが経験した開業時の苦労TOP3」と全く同じです。

つまり、多くの先輩起業家たちが創業時に苦労した事が、同じく創業時の課題であるということです。

デキルニンの学生起業塾

創業時の3大課題解決には「学び」が不可欠!

『デキルニンの学生起業塾』では、はじめに、スライド動画によってビジネスに必要不可欠なマーケティングの知識を具体的な事例を通して学び、その後、企業経営・財務会計の専門家である公認会計士・税理士の講師によって提供される専門的知識・スキル・ノウハウを学びます。

まず、先ほど見た3つの課題のうち、「資金調達」については、資金調達の正しい考え方とその方法、加えて、金融機関から融資を引き出すために知っておくべき融資の仕組みや融資決定の判断指標である融資の格付け評価といった、専門家講師ならではの希少な情報を提供することで課題解決力を養成します。

また、「事業や経営に必要な知識・ノウハウの習得」については、実際に企業に対する経営のコンサルティングを行っている専門家だからこそ知っている専門的な経営スキルや経営ノウハウを提供することで課題解決力を養成します。

さらに、「販路開拓・マーケティング」については、はじめにスライド動画で学んだマーケティング知識に加えて、専門家講師による講義を通して販路開拓のヒントやその手法、そして、事業を成功・継続させるためのマーケティングの肝となる専門的なスキルやノウハウを伝授することで課題解決力を養成します。

デキルニンの学生起業塾

起業後をしっかり見据えてクレバーに起業しよう!

先ほど見た3つの課題のうち、「①資金調達」と「③販路開拓・マーケティング」については、創業期だけではなく、成長初期、安定・拡大期と、起業してからもずっとつきまとう課題であることがわかります。

だからこそ、起業前にしっかりとその課題をクリアするために必要な基礎知識・専門知識を学び、これから直面する課題への耐性を備えることが、起業後のあなたのビジネスを成功・継続させるために必要なのです。

『デキルニンの学生起業塾』では、創業前&創業後に直面する課題を解決するために必要な知識に加え、“専門的な経営スキルや経営ノウハウ”を惜しみなく伝授します!

The following two tabs change content below.

デキルニン

デキルニン仕事能力開発集団のマスコット、若者がポジティブに働ける社会を目指している。デキルニンの成分はデキストリン[(C6H10O5)n]と、あとは秘密。