『裁量労働制』騒動に学ぶ、大事な資料作成の教訓

2018年2月下旬の一番ホットな話題。『裁量労働制』の適用対象拡大議論の基礎資料データが不適切なものだった・・・。なんともあきれた&まったく恥ずべき事態ですが、今回の騒動から学べる教訓を学生のみなさんへ。

どうも!ライターのOops!(うっぷす!)です。

今回は、“働き方改革関連法案”で首相を巻き込み、国会を騒がせた『裁量労働制』騒動から学べる、資料作成の教訓についてまとめます。

そもそも、『裁量労働制』ってなんだ?

政府が躍起になって成立を目指している“働き方改革関連法案”の国会審議の中で、厚生労働省のまとめた基礎データが不適切なものだった、という騒動がテレビや新聞、ネットニュースなどでも連日のように取り上げられていましたが、将来のみなさんにも関係のありそうな『裁量労働制』ってヤツは、一体どんなものなのでしょう?

『裁量労働制』
実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、
労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたとみなし、労働賃金を支払う仕組み。

参照元:コトバンク

う~ん、この字面だけ見ても、ピンとこない人のために、具体的に見てみましょう。

例えば、みなし労働時間が1日8時間である場合、あなたが1日に10時間働いたとしても、『働いたのは8時間!』とみなされるので、2時間分の時間外労働に対する賃金は支給されない、という仕組みです。
(ただし、深夜10時~翌朝5時までの深夜労働・法定休日労働については、法律で定められた割増賃金がもらえます)

これって、働く側の人間の負担が増えるだけ?のような印象ですよね…。

でも、メリットもあります。

メリット①

働く側の人間が時間をコントロールできるようになるので、
これまで会社で定められていたような、出勤時刻や退勤時刻に縛られることなく、自由に働けるようになる

となると、朝の通勤ラッシュの苦痛から解放される可能性がありますね!

メリット②

実際の労働時間が、所定の労働時間よりも少ない場合であっても、
きちんと成果を出すことができれば、所定の労働時間分働いたのと同じ賃金がもらえる

うーん、能力主義っぽくて、「デキル社会人」には向いてるのかも!

もちろん、メリットがあればデメリットもあります。

デメリット

みなし労働時間と見合った分の仕事量なのかの判断基準が曖昧で、この制度が「サービス残業の温床」になってしまう可能性がある

近年の労働環境をめぐる「過労死」や、過労による「うつ病」などの社会問題に拍車がかかってしまうかも!

いずれにせよ、近い将来、導入される可能性が高いこの制度、みなさんが将来就職する会社がどのような賃金体制を取っているのかは必ず調べておく必要がありそうですね。

デキルニンの就職塾 – 専門家が教える個別指導の就職塾

今回の騒動から我々が学べる教訓とは?

話はガラッと変わりますが、今回の騒動の発端は、厚生労働省の基礎資料が不適切なものだったという事(純粋なミスなのか、意図的なものなのかは現在のところ不明です)。

つまり、間違ったデータをもとに議論をして「法律」を作ろうとしていた、ってことになりますよね?

国民の労働に関する大事な法律なのに、根本的な基礎データが間違っていた。
マジであり得ない!!と、わたくしOops!(うっぷす!)はあきれています。

今回の件を一般の企業に置き換えて考えてみると、「とある企業が、大きな経営判断をする際の判断基準とすべき大事な基礎資料が間違っていた」という事になります。

通常であれば、そんな大事な基礎資料を作る際には、データ内の文字や数値のダブルCHECKは当たり前、その後に別の人にもCHECKをしてもらって、最終的に、トリプルCHECKぐらいかけるのが当然だと思います。

だから、みなさんが社会人になって、大事な資料作りを任された時には、くれぐれもご注意くださいね。

『ダブルCHECKは当たり前、トリプルCHECKでやっと安心』くらいの心構えを!

これから就活を迎える大学生へ

現在、デキルニンでは【デキルニンの就職塾】という就活支援サービスをご提供しています。

一人の就活生に対して一人の就活トレーナーがマンツーマン指導を行い、『提出先企業に最適なESが書けない』『なかなかESが通らない』『面接で落とされてしまう』などの課題を解決します。

また、近時早期化する就活現場の動きに合わせて、『早期に動き出してライバルに差をつけたい』『志望企業のインターン選考を突破したい』『短時間で集中的に就活対策がしたい』という大学1~2年生にも最適です。

【デキルニンの就職塾】で就活トレーナーとして指導するのは、キャリア形成サポートのプロである“キャリアコンサルタント(国家資格保有者)”です。

キャリアのプロだからこそできる専門的かつ効果的な指導で、お子さんの内定をグッと引き寄せます!

デキルニンの就職塾 – 専門家が教える個別指導の就職塾

The following two tabs change content below.

Oops! (うっぷす!)

ライター歴:未熟。 最近、体形が気になる年頃になり、内臓脂肪の燃焼に本気で乗り出した。 ワイルドな見た目とは裏腹に、いつも物事を悲観的に見る癖のある、ちょっとネガティブ志向のアマノジャク。