突撃!先輩起業家インタビュー No.5

今回は、システムエンジニアリングサービス事業やエンジニア・プランナー育成セミナーを通して教育事業を行っている、株式会社フォトメ 佐々木淳社長にお話しを伺いました。

どうも!ライターのOops!(うっぷす!)です。

今回は、みんなが憧れる起業家のセンパイ、株式会社フォトメ 代表取締役の佐々木淳社長にインタビューしました。

社名“フォトメ”の由来は?

社名の由来は創業時の事業にあります。
今の事業とは大きくかけ離れているんですが…、創業当時は「写真」と「IT」を掛け合わせて自分のお気に入りの写真を独自のオンライン上にアップしてコミュニティーを形成していき、それらの写真を軸に世界中の人達とコミュニケーションが図れて、かつ、自分がセレクトした写真のPhotoBookも作れるというサービスを構想していました。

そこで、「私の写真を世界に」、「写真を中心としてコミュニケーションを」というキーワードから「フォト+Me」「For To Me」…、という流れで“フォトメ”という社名になったんです。

現在の株式会社フォトメの事業は?

現在は、人材のアウトソーシング事業や研究開発を主軸とした受託開発事業、人材採用のコンサルティング事業、集客の代行・集客支援事業をメインに事業展開していて、自社メディアの運営も行っています。

最近は、広島大学さんとの産学連携事業を行っていて、生体データとAIデータを組み合わせた自社サービスの開発を進めています。ちょっとだけお話しすると、生体データからヒトの感情分析をして、その感情分析結果と統計学に基づいたアンケートデータを組み合わせると、その時々のヒトのモチベーションが分かるので、一人ひとりのモチベーションに合わせたサービスを提供することができるんですよ…。なので、今はそういったプロジェクトも進めています。(あまり詳しいことは言えないので、これ以上は勘弁してください…(笑)。)

私が一番やりたいのは、「人間の行動(意思決定)を予測して、ヒトに寄り添ったAIサービスを提供すること」なんです!

なので、その実現のために歩みを進めています。

起業のきっかけは?

私が幼少の頃、祖母がブティックを数店舗経営していたので、小さい頃から起業したいという想いは持っていました。

そんな中、バブル崩壊の煽りを受けて祖母のブティックが倒産してしまったんです。両親がブティックの保証人だったので借金返済のために相当苦労していたこともあって、それまではとても良好だった家族の関係がいつの間にか険悪になっていってしまったんですよね…。

元々は母がブティックの経営を手伝っていたんですが、私が生まれたことで経営から退いたんです。その後に倒産という流れになってしまったので、私が生まれて母が経営から退いたことが原因で倒産してしまったんじゃないか…、自分が原因で家族の関係がこじれてしまったんじゃないか…、という負い目みたいなものが私の中にずっとあって、就職を意識し始めた大学2年生くらいのときに、「自分が母の代わりに起業して事業を成功させて、ハッピーな家族を自分が作ってやる!」と思ったのが直接的な起業のきっかけですね。

大学卒業後は、営業職として不動産会社に入社しましたが、そこでは「3年以内に営業成績No.1になって辞める」という目標を立てていて、その目標を達成できたので、その会社を辞めて次の人材会社に入社して人材サービスのノウハウを学びました。その後に“フォトメ”を起業したんです。

デキルニンの学生起業塾

起業を目指す学生に必要なモノは?

私は、インプットが大好きだったので、月に10冊くらい専門書を読んで経営に必要な知識を吸収していました。「セールス」「マーケティング」「ファイナンス」「組織論」「モチベーション」など、ほとんどの分野を網羅したんですが、結局のところは自分でやってみないと分からないのが経営だと思います。

もちろん、経営に必要な知識を備えることは最低限必要なことですが、ビジネスの最前線に立って経営をするのであれば、知識の上に実践経験を積み重ねることがとても大事だと思います。

なので、経営に必要な知識をインプットして、それをアウトプットして経験を積んで学びを重ねていくことが必要だと思いますよ。

起業を目指す学生へのメッセージ

起業するうえでは、「何をやるか」「誰とやるか」がすごく大事です。

起業を目指して前に進むという事は、失敗の連続だとは思いますが、失敗を恐れずに一歩前に踏み出して、諦めずにやり遂げて欲しいと思います。

佐々木社長、ありがとうございました!

■株式会社フォトメについて
社名 株式会社フォトメ
本社 東京都 渋谷区 千駄ヶ谷 5-21-6 プラザF1ビル 301
代表取締役 佐々木淳
事業内容 SES事業、受託開発事業、自社サービス事業
会社HP 株式会社フォトメのサイトへ

デキルニンの学生起業塾

The following two tabs change content below.

Oops! (うっぷす!)

ライター歴:未熟。 最近、体形が気になる年頃になり、内臓脂肪の燃焼に本気で乗り出した。 ワイルドな見た目とは裏腹に、いつも物事を悲観的に見る癖のある、ちょっとネガティブ志向のアマノジャク。