突撃!先輩起業家インタビュー No.4

今回は、ビジネスに活用できるための新しい教育のスタイルを提案し、AIに関する基礎数学やデータ解析のためのプログラミング教育、コンサルティング事業を展開している、株式会社キカガク 吉﨑亮介社長にお話しを伺いました。

どうも!ライターのOops!(うっぷす!)です。

今回は、みんなが憧れる起業家のセンパイ、株式会社キカガク 代表取締役の吉﨑亮介社長にインタビューしました。

社名“キカガク”の由来は?

社名の由来は2つあります。

1つ目は、人工知能の主要技術のひとつである「機械学習(キカガクシュウ)」という言葉です。この言葉を由来のひとつとしたのは、当社がAIを扱う会社であることをみなさんに覚えて頂くためという意図があります。

2つ目は、PDCAを回して業務改善を提供していきたいという想いから、
:教育(Plan)」→「:課題設定(Do)」→「:学習(Check)」→「:組み込み(Action)」
という業務スタイルを表したかったという意味合いがあります。

よく、数学の「幾何学」だと思われがちなんですが、そうではないんですよ。

キカガクさんの事業は何ですか?

大きくは、教育事業とコンサルティング事業の2つになります。

教育事業では、法人様向けにエンジニアの方を対象にしたAIに関する基礎数学やデータ解析のためのプログラミングの知識をオフラインの集合研修という形をメインとしてご提供しています。

と言っても、そんなに難しいものではありません。

というのも、一般に出されている実務の参考書のレベルが高く、初めて勉強をする方が読んでもなかなか理解できないものが少なくないという現状があるため、初学者の方を実務の参考書を読んで分かるレベルに引き上げること、レベルのギャップを埋めることを念頭にしたサービスです。

起業のきっかけは?

元々、京都大学の起業家育成コースに在籍していたことと、起業している友人が近くにいたことがきっかけですかね。一般的な学生さんと比べると起業に対する心理的なハードルが低かったという環境の影響もあったと思います。

なので、私としては「就職するという選択肢」と「起業するという選択肢」が並列だった感じですね。

起業して苦労した事は?

まずは、売上を上げることが相当しんどかったですね。というのも、学生上がりなのでto Cビジネスしか考えられず、とは言え、人脈も法人様への営業の知識もなかったので、to Bビジネスができなかったことも厳しかったですね。

学生で起業を考えている方には、ぜひ、to Bビジネスを起ち上げる方が増えるといいなと思っています。そのために、一般企業でのインターン経験なんかをすると会社という組織を理解することができるので、とても貴重な経験になると思いますよ。

次は、資金調達ですね。お金って、無い時にはなかなか貸してもらえないので、お金がある時に借りないといけなかったり、ヒトの採用・育成の難しさであったり、顧客との関係であったり…、苦労した事はたくさんありますね(笑)。

デキルニンの学生起業塾

起業を目指す学生に必要なモノは?

根拠のない自信でもいいので、「自信を持って一歩踏み出すこと」。

私もそうでしたが、自分から進んでレベルの高い人達のいるコミュニティーや起業家のコミュニティーに積極的に足を踏み入れてみることはとても大事です。そうすると、自然に周りのレベルに追い付けるようになります。

「ちょっとやそっとでは凹まないメンタルの強さ」。

起業に向かって進む中では、先輩起業家の方々から叱咤激励を頂くことがありますから、ちょっとやそっとのことでは折れない心の強さは不可欠ですね。起業家になると、嫌な事をたくさん言われたりしますしね(笑)。

「知識を吸収して、実践して確認する。そしてまた、足りない知識を吸収する」を続ける努力。

知識を吸収するために本を読む、でも、それだけじゃ何も分からない。だから、行動に移して確認する。そして、また足りない知識を習得するために本を読んで足りない知識を吸収する、というサイクルを繰り返して、インプットとアウトプットをバランスよく行って、起業家として成長していくことが大事だと思います。

自身の事業の「経営理念」「ビジョン」「経営戦略」の3つをきちんと分けて考えておくこと。

この3つを分けて考えておくことによって、たとえ躓いた時でも自分の掲げた理念を成し遂げるために、試行錯誤しながら他の戦略を模索して理念の実現に向けた別のルートを見つけることができるからです。

起業を目指す学生へのメッセージ

「考える前にやってみればいいんじゃない!」ってことですかね。

動く前にリスクを見積もれてしまう大人の考え方を備える前にぜひ動いて欲しいです。仮に失敗したとしても、その失敗経験というのは就活市場で非常に価値の高いものになりますから、失敗なんて恐れずに一歩を踏み出してください。

それから、「何のために起業するのか」をきちんと考えて欲しいと思います。
お金を稼ぐという事はもちろん大事ですが、『お金以上に価値のあるビジネスの目的』を見つけて欲しいと思います。

吉﨑社長、ありがとうございました!

■株式会社キカガクについて
社名 株式会社キカガク
本社 東京都 千代田区 内神田 3丁目2-9 SPビル 6階
代表取締役社長 吉﨑亮介
事業内容 機械学習の教育およびコンサルティング
会社HP 株式会社キカガクのサイトへ

デキルニンの学生起業塾

The following two tabs change content below.

Oops! (うっぷす!)

ライター歴:未熟。 最近、体形が気になる年頃になり、内臓脂肪の燃焼に本気で乗り出した。 ワイルドな見た目とは裏腹に、いつも物事を悲観的に見る癖のある、ちょっとネガティブ志向のアマノジャク。