突撃!先輩起業家インタビュー No.1(前編)

今回は、主に若い世代を対象とした人材紹介を中心にビジネス展開している、株式会社FastForwardの大塚史隆社長にインタビューさせていただきました。若手ベンチャー企業社長の起業のきっかけや学生時代の生活ぶりまで大公開。起業を目指す学生さんは読んで損はありません!

どうも!ライターのOops!(うっぷす!)です。

今回は、主に若い世代を対象とした人材紹介を中心にビジネス展開されている株式会社FastForwardの大塚史隆社長にインタビューしました。

会社を設立したきっかけは?

新卒で某大手人材会社に入社しましたが、利益を追求していくと、どうしても仕事がマニュアル化されてしまいます。

そんな中、本来の人材紹介会社があるべき姿として、ひとりひとり、1社1社にあった紹介サービスを提供するという理想を追求したいと思ったのが、起業のきっかけです。

★大塚社長のような起業家になりたい方はコチラ

御社のMissionは?

我々のような人材紹介会社がいなくても、社会は回ります。

であるなら、我々の価値とは?
求職者と企業の間に我々がいることによって生まれるモノ、これが価値だと思うのです。

我々が間に入ることにより、「こういう道もあるんだ」という新しい発見をしてもらう、この価値を増やすこと、ひとつでも多くの「機会の創造」が大事だと思っています。

そして、誰かの「やりたい」という想いを1秒でも早く実現してあげたい。

これは、社名でもある「FastForward=早送り」に繋がりますが、「誰かの想いを“早送り”で実現する」ために、一つでも多くの「機会の創造」をする。

この二つが、我々のMissionであり企業理念でもあります。

いま力を入れて取り組んでいることは?

それぞれの企業のフェーズごとに、必要となる人材のニーズは変わります。
創業期、成長期、安定期と、それぞれのフェーズに活躍する人材がいるから企業は成長します。
どういうスキルがあればその会社は伸びるのか、どのフェーズにどういう人材がはまるのか、しっかりイメージ作りをすることが重要だと思っています。

1人1人の求職者の個性や強みを把握し、どのフェーズにある企業が一番合うのか、個人が力を発揮できるステージを開発することを追求していきたいと思っています。


★大塚社長のような起業家になりたい方はコチラ

学生時代はどんなことを?

大学入学前に、起業家の親戚に、どのように過ごしたら社会で活躍できるかを聞いたところ、「とにかく遊べ!そのほうが社会人になってから面白くなる!」と言われたので、とにかく遊んでました(笑)

麻雀を週3回、飲み会を週5回、アルバイトは3つ掛け持ちとか(笑)

大学3年になってからは、友人とサークルを作ってみたり、海外留学先のカジノで50万円を使い切るまで賭け続けたり、スキューバダイビングをしてみたり、自分の中でMissionを設定して、とにかく経験値を増やしていました。

そんな大塚社長は、学生が経験値を増やせる機会としてセブ島でカレーをプロデュースするという【大学生向け海外プロジェクト】を提供しています!(プロジェクトの詳細はコチラ)
https://www.dekirunin.com/kigyou/
(後編に続く・・・)

突撃!先輩起業家インタビュー No.1(後編)

■株式会社FastForwardについて
社名 株式会社FastForward
本社 東京都 渋谷区 千駄ヶ谷 5丁目 21番地 8 代々木 第10下田ビル 5F
代表取締役 大塚史隆
事業内容 人材紹介事業、コミュニティ運営事業、海外インターン事業
会社HP 株式会社FastForwardのサイトへ

コメントを残す