「出社しない」が新常識!?リモートワークをするメリット・デメリット

政府による働き方改革とともに話題となったリモートワーク。会社に出社することなく仕事ができるということで気になっている方も多いのではないでしょうか?ここでは、リモートワークのメリットやデメリットなどについて詳しく解説します。

リモートワークはどんな働き方?

リモートワークとは、「テレワーク」とも呼ばれており、職場ではなく自宅やカフェ、そしてコワーキングスペースなどで、パソコンでインターネットやメール、電話等を用いて仕事をする働き方のことをいいます。日本では、政府の推進事項である「働き方改革」によって、注目度が高まりましたが、アメリカ合衆国などでは1970年代からリモートワークが推進されていました。また、世界でもリモートワークの労働者は年々増加傾向にあります。

リモートワークをするメリット・デメリット

リモートワークには、メリットだけではなくデメリットもあります。それぞれについて、労働者目線で確認しましょう。

リモートワークのメリット

  • 通勤時間が大幅に削減されるため生産効率が上がる
  • 育児や介護などとの両立がしやすい
  • 障害などがあっても働く機会を得られる

リモートワークのデメリット

  • データ管理に気を使う
  • コミュニケーションの機会が減る
  • ひとりだと集中できない人は生産効率が下がる

働き方の自由度が上がる一方で、データ流出の危険性や社員同士のコミュニケーションの希薄化が懸念されます。

リモートワークが合う人と合わない人の違い

デメリットの最後の項目にあるように、人によってはリモートワークが合わない人もいます。自宅で仕事をしていると、どうしてもリラックスしたくなる誘惑もあるでしょう。セルフコントロールをしながら仕事に取り組むメリハリの気持ちがない人は難しい傾向です。特に、上司がいないとサボってしまうような方は、注意が必要でしょう。

また、社員同士のコミュニケーションの希薄化により、チームとしての団結力が低下してしまう場合があります。雑談でも積極的にコミュニケーションができる人がリモートワークに向いているでしょう。

まとめ

リモートワークは、職場に出社せずに自宅やカフェなどで仕事ができる働き方です。通勤時間の削減や、労働機会の増加などのメリットがある一方で、データ管理やコミュニケーションの減少などの懸念があります。ただし、誰にでも向いているわけではありませんので、デメリットを把握しながら働き方を選ぶようにしましょう。

The following two tabs change content below.

デキルニン

デキルニン仕事能力開発集団のマスコット、若者がポジティブに働ける社会を目指している。デキルニンの成分はデキストリン[(C6H10O5)n]と、あとは秘密。


先行動画公開中(無料)デキルニンの就職塾

目指すのは 企業担当者が「会いたくなる」エントリーシート。就活を知る事からはじめて、自己分析の内容を深堀りして整理、自分らしさの表現を学べば魅力的なESが出来上がります。まずは、先行公開版(無料)をお試しください。