労働の概念が変わる!働き方改革のメリットとデメリット

日本は労働力人口の減少、長時間労働、少子高齢化、労働生産性など様々な課題を抱えています。
現在、働き方改革によって、一人ひとりの多様性を活かしつつ働くことができる環境整備が行なわれています。働き方改革がもたらすメリット、デメリットに焦点を当ててみました。

こんにちは、親指です。
以前、別の記事でも『働き方改革』について紹介しました。
働き方改革とは、少子高齢化に歯止めをかけ、50年後も人口1億人を維持し、家庭・職場・地域で誰もが活躍できる社会を目指すための一環として、これからの働き方を考えてみようというものです。
詳しくは、前回の記事を読んでみてくださいね。

参考記事:「働き方改革」で若者の働き方も変わる?

「働き方改革」で若者の働き方も変わる?

今回は、この働き方改革がもたらすメリットやデメリットについて考察します。

働き方改革がもたらすメリット・デメリット

働き方改革がもたらすメリットとしては非正規雇用の処遇改善や長時間労働の是正、労働生産性の向上などがあげられます。多様性に応じた柔軟な働き方が実現できれば、年齢や性別を問わず活躍できる社会が訪れることでしょう。

【メリット】

・ワークライフバランスの実現
長時間労働を見直し、残業を減らすことにより、短時間集中型の労働になり、生産性の向上が期待されます。また、仕事と私生活の両立がしやすくなります。

・働きやすい環境整備により離職率を減少
人生のライフステージにあわせ、働き方を選択できるようになれば、家事や育児、介護などで休職、退職せざるをえない方にとって、働く機会が増えいくとこになり、離職率も減少します。
今後は在宅ワークを可能とする企業が増えていくことでしょう。

・少子化の歯止め
日本の人口減少は、労働力の減少にもつながります。
出産、育児のしやすい労働環境になれば、少子化対策にも繋がると思われます。

・生活水準の向上
非正規雇用の賃金面での処遇が改善されることで、経済的にも生活水準の向上が期待されます。

【デメリット】

・給料が下がってしまう
残業時間が減ってしまうと、毎月残業代で収入を増やす人にとっては、給料が減ってしまいます。
このようなハードワークに見合う収入を得ている人にとっては、デメリットといえます。

・中間管理職や優秀な人材へのしわ寄せ
残業時間が制限されると、定時までに終わらない仕事などは、管理職の方や、優秀な方が仕事を引き継ぐことになります。
抱える仕事量は増えるのに、時間は制限されてしまうと、優秀な人材への負担が増えてしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は『働き方改革』のメリットとデメリットを中心にご紹介しました。

働き方改革の目的は、「50年後も人口1億人を維持し、職場・家庭・地域で誰しもが活躍できる社会」を実現することです。
ある企業では、実際に子どもの学校行事イベントには休暇を取得するようにすすめ、テレワーク制度を新たに導入する会社がでてきています。
少しずつではありますが、多様性を受け入れる会社が増加している傾向がみられます。
こうしたひとつひとつの会社の動きが日本社会全体の大きな改革に繋がることでしょう。

デキルニンが運営する【デキルニンサロンβ】では、学生の皆さんが「はたらく」ことに関する疑問、悩みを専門のキャリアコンサルタントに無料相談できます。
「将来こうなりたい!」「就活で悩んでいる」といった方は、是非一度ご相談ください!

The following two tabs change content below.

親指

デキルニンに参画してから、めっきり体重が増加。 首がなくなり、嫁からは親指といわれる。 「俺でもわかる!」をモットーに、親指自身が読んで理解できる易しい記事を執筆します。


先行動画公開中(無料)デキルニンの就職塾

目指すのは 企業担当者が「会いたくなる」エントリーシート。就活を知る事からはじめて、自己分析の内容を深堀りして整理、自分らしさの表現を学べば魅力的なESが出来上がります。まずは、先行公開版(無料)をお試しください。