学生はシェア上手?シェアリングエコノミーの今後

ここ数年、シェアリングエコノミーに関する動きが活発になっています。皆さんも、インターネットのフリマとか、ルームシェアとか、カーシェアなどのサービスを利用したことがあるのでは?
シェアリングエコノミーは、モノやサービスの個人間での貸し借り、売買、もしくは企業から借りるサービスの仕組みを指しますが、このシェアリングエコノミー市場が今後もさらに伸びていく市場になるそうです。

1、そもそもシェアリングエコノミーって?

最近よく聞くシェアリングエコノミーですが、これはモノ、サービス、場所を多くの人と、交換、共有して利用する経済の仕組みになります。

日本ではパーキングサービスのタイムズに見られるカーシェア、メルカリなどに代表される各種フリマアプリ、ルームシェア、民泊など、これらは全部シェアリングエコノミーと呼ばれる市場に含まれます。

海外企業で見ると、民泊・旅行サービスのAirbnb(エアビーアンドビー)、自家用車でのライドシェアリング(スマホなどのアプリから利用者が呼ぶと、クルマの保有者自身がドライバーとなってタクシーよりも安価で利用者を乗せるサービス)を手掛けるUberなどが世界的に有名ですよね。

使わなくなったモノ、稼働していない車、自分の空いている時間(労働力)、空家など、遊休資産を多くの人に共有してもらうことにより、資産を有効に活用することができます。また、利用する側も、自分で所有することがなくなるので、お金、時間、場所の節約につながります。

ちなみに、最近よくCMで見るネット印刷会社のラクスルも、シェアリングエコノミーで伸びている会社になります。ラクスルは自社では印刷機を持っておらず、多くの印刷会社と提携し、注文を受けた際に、提携先で稼働していない印刷機を使用し、印刷物を納品します。要するに、お客様と提携企業を結ぶ仲介役みたいなものです。

稼働していない印刷機を、ラクスルと顧客に共有することで、提携先にも新しいビジネス機会が生まれるのです。

2、インターネット普及によって促進。

シェアリングエコノミーが伸びている背景としては、インターネットの普及により個人間(他人同士の)の取引が容易になったことがあげられます。

スマートフォンの普及によりこうしたサービスを利用する場所や時間の制約がなく、いつでもどこでも利用できることも促進につながっています。

また、安全の確保、利用者の保護等の観点などの課題も存在しますが、シェアリングエコノミーの仲介役(この場合、前述のような企業になる)とSNSなどのソーシャルメディアとを連携させることで、個人間のニーズのマッチングや、商品・サービスの信頼性の担保を強化することが可能となっています。

ただ、日本においては、法規制の壁や、既存業界との対立もあり、ライドシェアリングや、民泊などは浸透するにはもう少し時間がかかりそうです。

3、既存業界からの反発

Uberが日本に進出したのが、2014年。ライドシェアリング事業(一般の人が、自分の空いている時間だけ、タクシードライバーとして働き、タクシー利用者とアプリ上でマッチングする)が、日本の法律上「白タク」行為(一般人の自家用車による有償旅客送迎)として禁じられていると、タクシー業界が反発。2015年には福岡で行っていたライドシェアサービスの検証も、国交省から行政指導を受けて中止になりました。

現在は、主に東京を中心に、タクシー会社と提携しての、配車サービスを行っています。

そもそもアメリカのライドシェア事業では、一般の人が自家用車で乗客を運送するサービスをおこなっていますが(一般の人も自家用車で乗客を運ぶことにより、空いた時間で副収入が可能)、これは海外の商習慣で、日本で同じサービスを展開するには、いろいろな規制をうけるため、なにがしら形を変えて提供するしかなさそうです。2020年に向けて、規制緩和があるかもしれませんが、本来のサービス提供までには今しばらく時間がかかりそうです。

4、既存業界との共生

既存業界も、シェアリングエコノミーのような、新しいビジネスモデルにのみこまれないように、何がしかの対策を検討しているようです。

たとえば、カーシェアリングや、ライドシェアリングといったサービスが定着すると、必然的に自分が車を所有することはなくなり、トヨタ、ホンダ、日産などの日本の自動車メーカーにとっても痛手を負うことに繋がります。

トヨタも、Uberとライドシェア事業での協業を検討する旨の覚書を締結しました。欧米を見ても、大手メーカーが同様にライドシェア事業に多額の投資をしています。将来、いままで通りの「クルマ作り」だけでは儲からなくなる予測が立っており、トヨタもUberとの協業検討に入ったのでしょう。

車のシェアの利点は、保険料、メンテナンス費用が掛からず、所有している場合と比べると年間の維持費が大幅に節約できること。これから先、車の手配もどんどん簡単になるため、車を所有する人は減少すると思われます。将来は自動運転による車のカーシェアも進み、自動運転の車が指定場所まで送迎してくれるかもしれません。

今の若い世代は消費意欲が低い世代だといわれています。自分にとっての価値が、値段ではなく、自分が満足するモノ、コトを基準にしている世代です。優れたモノを作っても、消費する側に所有欲がなければ、売れるモノも売れません。「モノを売る」から、シェアリングのように、「モノを共有する」といった考え方に、発想転換させることが、新しいサービスを生むことにつながるのではないでしょうか。

デキルニンの学生起業塾

デキルニンの就職塾 – 理想の就職を実現

The following two tabs change content below.

親指

デキルニンに参画してから、めっきり体重が増加。 首がなくなり、嫁からは親指といわれる。 「俺でもわかる!」をモットーに、親指自身が読んで理解できる易しい記事を執筆します。