AI採用が今後も進む!企業と就活生のメリットとは

就活の採用選考にAIを導入するケースが近年増加しています。AIの選考に対して、不安を感じる人もいるのではないでしょうか。今回は、採用選考にAIを導入することでのメリットを説明します。

AIテクノロジーの普及

こんにちは。親指です。

とうとう採用にまで、AIが投入されてきましたね。人工知能がヒトを選別する時代ということでしょうか。

近年、ソフトウェア技術の発達に伴い、AIテクノロジーが広く普及しています。
料理や家事など人間が行っているようなタスクを、AIが代わりに行うような日が近いうちに来るといわれるほどです。

そんな中、企業の採用選考にもAIが用いられることが増えています。企業は労働力を確保するために、新たな人材を募集しています。

しかし、企業によっては非常に多くの応募が集まるので、選考に膨大な時間がかかってしまいがちです。そうした選考にかかるコストを削減するために、AIを導入する企業が増加しています。

AIで採用をするメリット

[企業側のメリット]

時間の削減

企業の採用担当者は採用選考を行う場合、膨大な量のエントリーシートに目を通す必要があるので、書類選考だけでも何百時間もかかってしまいます。これをAIでスクーリングさせることによって、時間削減でき、業務の効率化を図ることができます。

判断基準のズレがなくなる

いままでは、ESや履歴書に目を通す人によって、合否の判断にバラつきがありましたが、過去の採用の成功事例のデータをAIに覚えさせることにより、採用の判断基準にズレをなくすことができます。

[就活生のメリット]

直接的に話ができる時間が増える

書類選考の時間を短縮できるということは、これまで以上に面接に時間を割くことができるので、入社希望者はより自分のことを知ってもらうことができるというメリットがあります。

採用担当者との相性に左右されない

採用担当者の主観にとらわれることなく、その企業に合う人物か公平に評価されることが期待できます。また、マッチングの精度も上がり、本当の意味でよい企業と巡り会えることが期待できます。

AI採用事例

全日本空輸株式会社

選考にAIが導入されたアプリを使用しました。
その結果として、単に時間短縮につながっただけでなく、多くの創造性の高い人材を見つけることに成功しました。

ソフトバンク株式会社

エントリーシートの設問2問中、1問の選考にAIを導入しました。
その選考結果をもとに人事が合否の判断を行うというものでした。

サッポロホールディングス

AIがESを判定し、不合格になったものは人の目で確認している、全てAIに任せるのは難しいのかもしれない。

AIを導入している企業でも、その選考範囲は書類選考にとどまるケースが大半を占めています。しかし、AIの汎用性は近年大きく向上しているので、就活生全員が、AIによる面接を受ける未来もそう遠くはないかもしれません。

AI採用を打ち切った企業

アマゾン

人材採用システムに「女性を差別する機械学習の欠陥」が判明したからだそうだ。過去のデータを読み込み学ぶため、今の価値観に合わない答えを出す可能性がある。

AI採用の今後

採用選考にAIを導入することで、多くの採用を行う大企業はコスト削減の効果が期待できます。AIテクノロジーは今も大きく成長しているので、今後は採用選考にAIを導入する企業が増えていくでしょう。

しかし、AIが出したデータは慎重に取り扱った方がよさそうです。リクナビが8,000人分の辞退率データを同意なく企業に年間400万円で販売していた件では問題になりました…

昨今ではAI面接も人気です。リモート面接のため、スマホのカメラに話しかけ、面接官の代わりにAIが質問を行い、判定します。

これからの就活では、AI対策を考える必要があります。

焦る必要はありません。評価軸が変わりますが、いままでの面接対策で十分対策が行えます。

  • 学生であるエピソードを入れる
  • 的確に回答する
  • コンパクトに話す行動する

見た目や勢いだけではない、より内容に注目される採用判定が増えていくのではないでしょうか。

デキルニンでは、無料の就活カウンセリングを実施しています。

ESの書き方や、面接のコツが知りたいという方は、お気軽にご相談ください。

デキルニンの就職塾

コメントを残す