未来予想から就活の志望企業を決めるってのも、ありかも!

就活で、志望業界や志望業種が見つからないみなさん!未来の技術革新による3年後10年後の生活環境の変化予測を考慮材料に加えてみるのはいかがでしょう?そこから、成長可能性の高い企業に目星をつけるという手もアリかもしれませんよ!

どうも!ライターのOops!(うっぷす!)です。

今回は、「志望業界とか志望業種が分からない・・・」「どうしたらいいのか分からない・・・」とお悩みの就活生に、ちょっと変わった視点から志望業界・志望業種、はたまた、志望企業の目星をつけてみてもいいんじゃない!?という、少しおせっかいなアドバイスをひとつ。

現在の最新技術を把握する

現在、白物家電や自動車などもインターネットにつながるようになってきています。いわゆる、IoT(モノ・インターネット)ってヤツですね。

継続的にネットワーク網の基盤強化は続いていますが、そのネットワーク上を流れる情報量も飛躍的に増加していて、モノ同士も通信可能な状態になりつつあります。

例えば、外出先からエアコンを操作して帰宅までの間に室内を適温にしておくことができるというのも技術革新のひとつです。また、インターネット経由で家のインターフォンに出ることができたり、お家で待ってるペットの様子をスマホで見てニンマリ、なんてのもそうです。
また、自動運転のトラクターも量産され、自動車の自動運転も実現可能になりつつあります。

10年後の未来は?未来の生活予想!

10年後は、介護や家事、自動車の運転が完全自動化され、翻訳にも飛躍的な改善が見られるでしょう。AIと人間との自然な会話も可能になり、コンビニやスーパーのレジ、レストランの給仕もAIに取って代わられる可能性大ですから、これらの分野に関連する仕事は、今後、人が必要なくなり、仕事が減る可能性が高いでしょう。

このように生活が大きく変わる中で、より重要度が増す仕事は、やはりIT関連の仕事です。すでに能力のある人は十分に成功することができる下地が整いつつあります。

就活でも、IT系の資格を取っておくことや、それらに関連する知識や技術を習得しておくことは、間違いなくプラスに働くはずです。

どうやって未来を予測する?

毎日新聞やニュースを見てもわかりません。

博報堂生活総合研究所の「未来年鑑」で検索すると、資料が出てきます。

西暦・分野別・キーワード別で検索できるので、あなたの関心のある内容で検索してみてください。

悩みがあるならお気軽に相談してね!

今後も成長が期待できそうなIT関連業界は、いま、特に興味を持っている業界や業種がないとか、これからの成長可能性を基に志望企業を選びたいとお考えの就活生の方は、最新の技術に関して情報を集めることからはじめてみてください。

そこから、チャンスが見い出せるかもしれませんよ!

★デキルニンの就活業界分析★IT・情報通信業界編

デキルニンの就職塾

コメントを残す