★就活業界分析★資源・エネルギー・素材業界編

オリジナルの資源・エネルギー・素材業界分析情報です。業界を細分化して分類しているから業界構造がわかります。さらに業界の気になる「離職率」や「平均給与」情報も掲載。もちろん業界動向が分かる「TOPICニュース」や「求められる資質や能力」にも言及しています!

人財育成コンサルタントの吉田竜一です。

業界分析とは、世の中にある業界の種類やその特徴を知り自分が興味を持った業界を見つけるために行う就活の大事な作業のひとつ。人気企業ランキングを見る前に、業界地図などの本を読む前に、まずは各業界の概要を知ることから始めましょう!

今回は「資源・エネルギー・素材」業界を取り上げます。
派手さはないですが、現代人の日常生活を支える「縁の下の力持ち」的な業界です。

資源・エネルギー・素材業界を細分化してみる

この業界はタイトルの通り、3つに大分できます。

①資源:石油、石炭、天然ガス、鉱物資源(鉄鉱石・レアメタル)などの採掘業
②エネルギー:電力、ガス事業
③素材:石油化学、繊維、鉄鋼、製紙、ゴム等の製造業

私たちの生活に欠かせない素材やエネルギーを提供する業界ですので、戦前から続いているような企業も多く、財閥系企業も多い傾向にあります。

離職率と平均給与

続いて、「離職率」と「給与」について、統計を確認しましょう。

まず、離職率です。

(参考データ:厚生労働省「平成29年雇用動向調査結果」より引用)

上記①資源業種は左から1番目の「鉱業、採石業、砂利採取業」、②エネルギー業種は左から2番目の「電気・ガス・熱供給・水道業」、③素材業種は左から3番目の「製造業」に含まれます。

各種鉱物資源を採掘する国内鉱山は閉鎖や自動化が進んでいますので、鉱業は入職より離職の方が多くなっています。

電気・ガス事業はインフラ業界で経営が安定しており、後述の通り高収入な業界でもありますので、離・入職率ともに低い傾向にあります。

素材産業は一般的な製造業と同程度の離・入職率で、グラフの数値通りといった印象があります。

続いて、給与についてのデータをご紹介しましょう。

(参照データ:国税庁「平成28年分民間給与実態統計調査」より引用)

※元資料142ページの数値データをもとに下記グラフを作成、代表的な業種をピックアップしています

上記①資源業種は黄色の「農林水産・鉱業」、②エネルギー業種は水色の「電気・ガス・熱供給・水道業」、③資源業種は赤色の「製造業」がそれぞれ該当します。

グラフの通り、電気・ガスなどをはじめとする「水光熱」の提供業界は非常に高給です。自由化が進んでいるとはいえ、未だ自社管轄エリアにおいては独占的なビジネスを展開できている企業が多いですので、企業収益が安定しており、それが報酬にも表れているのかもしれません。ただし、鉱業は農業とひとまとめにされているため、実際よりも低めに見えてしまっているように思います。

シェールガス革命

この業界(とりわけ石油・ガス関連業界)の注目キーワードとしては、「シェールガス革命」が挙げられます。

シェールガス・シェールオイルは地中の頁岩(シェール)層と呼ばれる地層から採取される化石燃料です。頁岩の中に天然ガスや石油が含まれていることは昔から分かっていましたが、地下2000~3000mに存在する岩石内部のガスや石油を抽出する方法が無かったため、実用不可と言われていました。

しかし、2000年代中頃に水圧破砕法という採掘方式が発明されて実用可能となりました。簡単に説明すると、地中の頁岩層に鋼管を通し、そこから超高圧の水を射出させて頁岩に亀裂を入れ、内部のガスや石油を抽出するという方式です。

シェールガス・オイルは中国、アルゼンチン、アメリカなどに多く埋蔵されており、上記した技術革新の結果、アメリカ本土でのガス・石油採掘が一気に増加しました。いまやアメリカは天然ガス・石油ともに世界最大の産出国になっています。産出国のランキングがガラッと変わるような情勢変化を生んだことから「革命」と言われるようになりました。

このシェールガス革命に乗る形で、日本企業は投資を活発化させています。電力会社やガス会社は商社とタッグを組む形で米国産ガス・石油を買い付けて輸入し始めましたし、石油化学産業は石油を原料とする製品(塩化ビニール等)の工場をアメリカに建設しています(信越化学などが積極的です)。

また、鉄鋼メーカーは採掘用の鋼管製造に食い込んでいます。上述した通り、シェールガス・オイル採掘用の鋼管は高圧水流の流路となるため、頑丈さが要求されます。その点において日本の鉄鋼メーカーの鋼管は高評価を得ているようで、高いシェアを確保できているようです(「シームレスパイプ」などを検索してみてください)。

世界レベルでエネルギー情勢が変化していますので、目が離せない状況だと言えるでしょう。

求められる資質や能力とは?

続きはサロンで!

ザックリと資源・エネルギー・素材業界をご案内しましたが、より詳細な情報は【デキルニンサロンβ】内の特設サロンでご覧いただけますので、ぜひ、お役立てください。

特設サロン内では、「資源・エネルギー・素材業界の中のこの企業についてもっと知りたい!」というみなさんからのリクエストや、業界分析に関するご質問を受け付けていますので、積極的に活用してください。

人材育成コンサルタント・吉田竜一の就活プロファイル

デキルニンからのお知らせ!

他にもデキルニンオリジナルの業界分析情報をご紹介していますので、各業界ごとの「業界構造」「入職率・離職率」「平均給与」「TOPICニュース」「求められる資質や能力」などが知りたい方は、本格的な業界分析作業に入る前に、ぜひご一読ください!

<業界分析ラインアップ>
金融業界
建設・不動産業界
IT・情報通信業界
メディア業界
電気・精密機器業界
食品業界
生活用品・製薬業界
サービス業界
飲食業界
娯楽・レジャー業界
衣料・装飾(アパレル)業界
小売・卸売業界
物流・運送業界
自動車・機械業界
教育業界

The following two tabs change content below.

吉田 竜一

大手外資系企業のプロジェクトマネージャーを経て、人財育成コンサルタントに転身後、人材育成研修等のプラン設計・講師などを歴任。現在、アンタントコンサルティング株式会社代表。「企業と人財のミスマッチを防ぎ、現場力を高める」がモットー。

アンタントコンサルティング株式会社HP

人材育成コンサルタント・吉田竜一の就活プロファイル

このページは役に立ちましたか?