あわてるな!新卒一括採用はそう簡単に無くならない

国が出す就活ルールについて、どれだけ実効性があるものになるのか分かりませんが、日本の就職活動や雇用制度について考える、いい機会になったのではないでしょうか。そもそも新卒一括採用って何なのでしょうか?議論の前に考えてみたいと思います。

こんにちは、キャリアコンサルタントの家元です。

就活スケジュールについていろいろ議論がされていますが、とりあえず経団連から国が引き継ぐ形で、当面の混乱は収まりそうです。
とはいっても、取り決められたスケジュールが守られないのも、インターンの名のもとに早期の学生の囲い込みがされているのも、事実としてあるわけですから、これからも議論は続いていくのでしょう。

さて、今回は就活スケジュールが早期化、通年化とかいう、そもそもの元になっている「新卒一括採用」について少しだけ考えてみたいと思います。

デキルニンの就職塾

新卒一括採用は日本的な制度なの?

欧米では新卒一括採用じゃなくて、通年採用があたりまえ、なんて話を聞いたことがあるかもしれません。実は新卒一括採用をする国は世界でも珍しいのです。

どうして日本の企業が春に新卒の大学生をまとめて採用しているかと言えば、仕事に対する考え方の違いが大きいのではないでしょうか。

日本の雇用の特徴を表す言葉に「終身雇用、年功序列、企業内労働組合」というものがあります。企業側から大雑把に行ってしまえば、「一生面倒見てやるから、ずっとここで働け」というものです。

これを実現するために、多くの日本企業は長く働くほどに序列や報酬が上がっていく「職能資格制度」を取っていました。つまり長く働くほどに仕事でできること(能力)が増えていくはず、それに対して報酬を支払いましょう、という考え方です。

一方、アメリカをはじめとする多くの国では、○○担当マネージャーや○○担当スタッフなど、いわゆる仕事の「ポスト」がまずあって、そのポストに定められた仕事内容に対して報酬を支払うという、「職務等級制度」をとっています。

つまり日本は「人に仕事を当てる」、欧米は「仕事に人を当てる」という大きな考え方の違いがあります。

となると、新卒一括採用は与える仕事はまだ決まってないけど、とりあえず一定量を採用しておいて、その人に合いそうな仕事を与えましょう、という極めて日本的な制度であると言えるでしょう。

新卒一括採用にも合理性はある?

新卒一括採用が日本で定着したのは、「それが必要だったから」に他ありません。それではどのようなメリットがあるのでしょうか?

企業側のメリットとして、春にまとめて入社してくれるという事は、採用計画を立てやすいという事があるでしょう。
入社日という「ゴール」を決めておけば、そこから逆算して、合同説明会までに何人にリーチして、その中で何人応募してくれて、面接で何人採用、のように計画的に採用活動をすることができます。

またそれに伴い、採用のためのコストも抑えることができるでしょう。ひとりひとりの学生に個別で対応していたのでは、お金や面接官など、それごとにコストがかかってしまうので、やはりまとめてやっていしまいたいです。

育成面で考えても入社後の集合研修は、まとめてやることでコストを削減することができます。また真っ新な学生をトレーニングにより会社色に染めてしまうのも、中途採用をするよりは比較的容易でしょう。一度、その会社の色に染めてしまうと、なかなか他社に転職しようという気は起きないかもしれません。

先ほどの職能資格制度と同じく、新卒一括採用は日本においてそれなりの合理性があって、根付いてきたものなのです。

デキルニンの就職塾

本当に通年採用になろうとしているの?

日本もこれから通年採用になっていくだろうという意見をよく聞きます。

たとえばインターンで学生を早期に囲い込んで、実質的な採用活動に使っているところはその流れと言っていいでしょう。

雇用環境や事業環境が大きく変わってきたこともあり、日本がこのまま現状の新卒一括採用を維持することは難しいでしょう。

しかしこのまま全ての日本企業が通年採用に一気に傾くかと言えば、それもイメージし難いところでもあります。長い年月で日本に根付いている「文化」はそう簡単には変わることができません。特に大企業が通年採用に動くという事は、それまで一括採用で得られていたメリットを放棄してしまうという事です。

現実的には新卒一括採用を維持しつつも、インターンなどを活用して学生に早くから接点を持って、入社日まで関係性を維持し続ける、多くの企業ではそんな対応がなされるのではないでしょうか?

今回の就活スケジュールの議論は、学生にとって就活を自分事として考える、いい機会になればいいと思います。

コメントを残す