応募企業が決められない学生のための「仕事の切り方」講座

就活前に応募する企業が決まらなくて悩んでいませんか?数百万の企業のうち、学生が知っているのはほんのわずか。狭い知識の中で、自分にフィットした企業に出会うにはコツがあるのです。マーケティングにも使われる、効率的な方法を試してみませんか。

こんにちは、キャリアコンサルタントの家元です。

就活の前段階で、「自分がどの会社を希望すればいいのか分からない…」なんて学生をよく見かけます。それでも何となく、「○○業界かな~」とか「○○職かな~」というのは感じているのかもしれません。

要はそれをうまく絞り込むことができていないわけでモヤモヤしたままで、自分が行けそうな企業に応募して採用なんてされてしまった後で、「うん、やっぱり違った!?」と感じつつも、不幸なファーストキャリアが始まってしまうわけです。

やっぱり、事前にキャリアの方向性は決めておきたいですよね。

今回は仕事を決める時の基準について、少し考えてみたいと思います。

デキルニンの就職塾

選択肢を拡げておいてから深掘りする

まず自分がこれから応募できる企業はどのくらいの数があるでしょうか?
日本には400万社以上の企業があると言われています。これらが全て新卒採用をしているわけではないですが、選択肢としては数百万社の中から選ぶことになるでしょう。

しかし学生が就活前に知っている企業の数は1,000社もいかないでしょう。企業数全体からすれば、ほんのわずかです。
本当は自分にピッタリくる企業があるはずなのに、自分はその存在に気付いていない。そんな不幸を回避するために、まずは選択肢を拡げる仕事研究をしましょう。

拡げた選択肢の中で、今度は逆に絞り込む作業に移ります。絞り込むときは、候補にあがった企業が自分にとってどのような利益をもたらすのかを評価していきます。この時、比較するのは企業同士ではありません。自分の評価基準と候補の企業を見比べていくことになります。

何を評価基準にするかは人それぞれになります。業種で決める人のもいるでしょうし、給与で決める人もいる、勤務地やビジネスモデルで決める人だっているかもしれません。

つまり、自分の評価基準を知っておかないと企業を絞り込むことができませんよね。これが「自己分析」と言われるものになります。

就職において「自己分析」と「企業研究」が重要だと大学などでの就活ガイダンスで言われたかと思います。

多くは、「企業を研究しないと採用されない」や「自己分析が甘いと突っ込まれる」と就活での効果を強調されますが、これらは企業を選ぶ段階から既に重要だということです。

企業を「セグメント」で切ってみる

「セグメント」とはマーケティングでよく使われる言葉で、限られた経営資源を効率的に運用するために市場をいくつかの切り口で分類して自社が狙うターゲットを絞り込む方法のことです。

たとえばビールを売ろうとするときに、全国どこでも買えるビールだと広告費や販売費がたくさんかかってしまう。そこで日本を47都道県に分けて、その中で一番ビールの消費量が多い地域に絞り込んで効率的に売っていこう!というようなこと。

この「セグメント」で就活を考えてみると、まず思い浮かぶのが「業界」で分けるというという方法でしょう。選択肢にある全企業を業界ごとに分けて自分が行きたい業界を絞り込みます。

また、「職種」で分ける人もいるかもしれません。「業界はこだわらないので、とにかく経理がやりたい」というのが職種の分け方です。

あとは「地域」でしょうか。地元で働くことを重要視する学生の場合は、地元企業や地元に支店がある企業に絞り込んでいくことになるでしょう。

最近では「働き方」が「セグメント」を切るときの切り口になることもあるようです。休日の数だとか、研修制度だとか、福利厚生だとかも、最近のトレンドとしては存在感を増してきています。

自分なりの「切り方」を見つけてみる

このように、気になる企業を集めていろいろなセグメントで切ってみると、自分が重要視する「切り方」が見えてくるのではないでしょうか。

切り口はひとつである必要はありません。

「接客業」で「ベンチャー企業」といったように、いくつかの切り口を組み合わせると、さらに企業を絞り込むことができるでしょう。

ただし、闇雲に組合せを試しても意味がありません。自分にとって重要な切り口は何なのか、必ず優先順をつけることが必要です。

↓企業分析の落とし穴って?↓

その企業分析は意味あるの?だから何?で終わらない情報収集

デキルニンの就職塾