採用担当者を動かす「ESの書き方」基礎知識

就活で必要とされる文章は、明確な目的の達成ために作成されます。ゴールを押さえることなく作成されたESは相手の興味を満たせないばかりか、ビジネス・ライティングの能力も疑われてしまうでしょう。いきなり書き始める前にまずはプロセスを押さえましょう。

こんにちは、キャリアコンサルタントの家元です。
履歴書やエントリーシートを見ていると、志望動機や自己PRであまり文章を使わず、箇条書きで書かれているのを目にします。
おそらく、伝えたいことが簡潔に伝わるようにという理由で、就活本やセミナーなどで推奨されているのだと思います。

でも確かに見やすいのですが、何だか印象に残らないんですね。
やはり人の脳は「ストーリー」で情報を処理しようとする癖を持っているようです。見やすさも大切ですが、そもそも応募書類はあなたの「魅力」を伝えるものですから、やはり効果的に伝えたいですよね。

ということで今回は、就活に使えるビジネス・ライティングの基本について取り上げます。

デキルニンの就職塾

何故その文章が必要なのか?

「自己PR文を書け」と言われた時に、何度も書いたことあれば別ですが、無計画にいきなり書き始めるのは良くありません。

あなたが「自己PR」をしないといけない理由は何でしょう?

「書けと言われたから」という理由で書き始めてしまうと、やらされ感があり、あまりいい文章になりそうにありませんね。「就活で必要だから」という理由も同じでしょう。

文章を書くということは、文章を使って「何かを伝える」という行為になります。その行為によって何を成し遂げたいのか、「目的」を明確に定めるようにしましょう。

たとえば、「就活で採用してもらうため」というのも確かに目的ですが、そこに行くまでのプロセスはいくつか考えられます。

採用担当者があなたを採用するまでの心理的ステップ

  • あなたの存在を認知する
  • あなたに興味を持つ
  • あなたのことをもっと知りたいと思う
  • あなたのことを評価する
  • あなたのことを欲しいと思う
  • あなたのことを人と共有する
  • あなたの採用に向けて動きだそうと思う

自己PR文に200字程度という文字数制限がある場合、それだけであなたの採用を決めるような文章を書きあげるのは現実的に難しいでしょう。また先方もそこまで期待はしていないでしょう。

それでは自己PR文で成し遂げるのはどのあたりなのか?ここが具体的に決まれば、目的を持った文章を考えて書くことができるようになるでしょう。

相手は何を知りたがっているのか?

エントリーシートなどは、直接相手と言葉を交わさないものの文章を間に挟んで自分の情報を相手に伝えるわけですから、これは「コミュニケーション」を取っているということになるでしょう。

コミュニケーションは受け取り手である相手があって成立するものです。

文章の目的を定めた後に考えないとならないことは、「相手は何を知りたがっているか?」ということです。

もちろん文面通り、あなたの自己PRを知りたがっているのですが、自己PRという課題を通して知りたいと思っている情報があるはずです。それを思いやって自分から情報をフィットさせる心遣いが必要でしょう。

自己アピールと言っても相手の知りたいことに応えない、自分の主張だけのPRは採用担当者に響くことはないでしょう。

どのような方法なら伝わるか?

目的を決めて、相手の知りたい情報を特定したら、あとはどう伝えるかを決めていきます。

冒頭の「箇条書き」はここの部分で、それが目的を達成するのに効果的な表現方法なら採用すればいいでしょう。他にも、結論から書くなど構成を工夫して伝わりやすくする、印象に残るコピーを入れるなど、伝える技術はたくさんあると思います。

しかしここで見失わないでもらいたいのが、これらのテクニックを使うことが目的ではないということです。

目的はあくまで最初に決めた、相手をどの心理プロセスに持っていくのかということです。そこを外してしまうと、テクニックだけで内容が上滑りすることになりかねません。

このようなライティングの基本プロセスは、社会人でも意外にできる人が少ないようです。就活生がこれをできるなら、ひとつの能力として注目を集めることは確実です。

↓チャレンジ経験への回答って?↓

学生時代のチャレンジ経験なしでもES・面接を乗り切るための方法

デキルニンの就職塾

コメントを残す