新卒採用面接の志望動機の深掘りに準備しておくべきポイント

現役キャリアコンサルタントが教える就活支援最前線。
履歴書の志望動機欄は完璧なのに、いざ新卒採用面接になったら、深掘り質問にアタフタしてしまう。でも企業が期待しているのは「上手な回答」ではなく‥だった!面接官視点で考える事前準備のコツとは?

こんにちは、キャリアコンサルタントの木村です。
面接がうまくいかなかった就活生の多くが「深掘りされたが、答えられなかった」と言います。緊張を強いられる面接の場で、それまで考えたこともなかった深掘りの質問をされると、その場ではなかなか回答することが難しいでしょう。

今回はそのような深掘り質問に対応できるような、事前の準備についてお伝えします。

面接で深掘りしてくる、たった2つのポイント

採用面接が1次、2次、最終面接と進むにつれ、どこの企業でも決まって深掘りしてくるのは「志望動機」です。

どうして面接の場で企業が志望動機を聞いてくるかといえば、次の2つの理由があるからと思われます。

・内定を出したら、必ず入社してくれる人を見定めたい
・採用したら、ウチで長く活躍してくれる人を見定めたい

そのために面接が進めば進むほど(役職が上に行くほどそれらが気になる)、なぜ?なぜ?と突っ込んだ質問(深掘り)で確認をしてきます。

たとえば深掘りするとしたら以下のような質問でしょうか。

「なぜ他社ではなくウチを志望したのですか?」
「ウチでどのように活躍していきたいと思っていますか?」

これらの回答はその場でパッと思いつくような内容じゃないですよね。だからこそ面接対策としてではなく、エントリーシート、さらに前の自己分析の段階でしっかりと準備をしておく必要があるのです。

デキルニンの就職塾 – 専門家が教える個別指導の就職塾


相手が聞きたがっているポイントについて答える

さて、自己分析の段階では志望動機を文章にして整理しておきます。それをESに落とし込む際には文字数(スペース)に合わせて、再構成する形になるでしょう。

深掘りされそうな内容は自己分析の段階で、しっかりと盛り込んでおくとよいでしょう。

たとえば先ほどの2つの質問
「なぜ他社ではなくウチを志望したのですか?」
「ウチでどのように活躍していきたいと思っていますか?」
に対する回答が入っていないと、企業側の期待に応えられない、ということになります。

よく見かける残念な志望動機は、「自分の気持ち」だけで終わっている文章です。

“〇〇業界は高い成長が見込まれ、その業界でトップシェアを誇る貴社の企業理念は、まさに私が目指すところと重なっており、とても共感を感じたために、入社したいと思いました”

これでは、素晴らしい企業にずっと属していると幸せ(楽しい)だから、という自分本位な志望理由(自分にとってのメリット)しか伝わりません。

学生を雇う企業側のメリットを意識して、以下ではどうでしょう?

“〇〇業界は高い成長が見込まれ、その業界でトップシェアを誇る貴社の企業理念は、まさに私が目指すところと重なっており、とても共感を感じたために、入社したいと思いました。貴社の素晴らしい研修制度で自己成長できると思います”

確かに自己成長すれば企業側にもメリットがあるかもしれませんが、これも弱いですね。

企業が目指すのは、事業を通し、社員と共に成長し社会に貢献することです。社員も企業も共に成長する=社員の成長を企業が支え成長した社員が企業に貢献する。

プラスの循環がそこには欠かせません。

その循環を継続するために、あなたのどのような力で貢献できるかを伝えましょう。

貴社の素晴らしい研修制度で自己成長し、その成長によりに貴社にこのように貢献できると思います

ここまで伝えられると良いですね。

企業側としては「そこまで具体的なビジョンを持っているのなら、この学生はわが社に入社をして長く活躍してくれそうだなぁ…」と考え、「内定を出す」という次のアクションを検討することができます。

まとめ

面接の場面での「深掘り質問」は単にあなたの思い出話や個人的な夢を聞きたいわけではありません

企業はあなたの「今」に興味があり、もっと知りたいことがあって質問をしてきます。それは「この人は自社に貢献してくれるだろうか?」という興味です。

それに応えるためには自己理解だけでなく、仕事理解(企業を取り巻く環境、社会情勢の変化など)も手を抜かず、相手が知りたがっていることを的確に捉える努力が必要です。

入社意思の本気度を伝えるためには、企業理解と自己理解の両方を深堀りすることが欠かせません。面接前の、さらにES提出前の、情報の整理。その過程がまさに「深掘り質問対策」なのです

↓深堀りスルーの惨劇を避ける↓

同じガクチカでも深掘りとスルーで面接官の対応が分かれるワケ

これから就活を迎える大学生へ

現在、デキルニンでは【デキルニンの就職塾】という就活支援サービスをご提供しています。

一人の就活生に対して一人の就活トレーナーがマンツーマン指導を行い、『提出先企業に最適なESが書けない』『なかなかESが通らない』『面接で落とされてしまう』などの課題を解決します。

また、近時早期化する就活現場の動きに合わせて、『早期に動き出してライバルに差をつけたい』『志望企業のインターン選考を突破したい』『短時間で集中的に就活対策がしたい』という大学1~2年生にも最適です。

【デキルニンの就職塾】で就活トレーナーとして指導するのは、キャリア形成サポートのプロである“キャリアコンサルタント(国家資格保有者)”です。

キャリアのプロだからこそできる専門的かつ効果的な指導で、お子さんの内定をグッと引き寄せます!

デキルニンの就職塾 – 専門家が教える個別指導の就職塾

The following two tabs change content below.

木村 美和子

1級キャリアコンサルティング技能士。学生から社会人まで幅広いキャリア支援で活動中。 複数の大学で教鞭を取り、内定を取るためのテクニックだけでなく、 その企業で自分らしく働くための「戦略作り」までサポートしています。