エントリシート(ES)を企業に提出する前にチェックしたい3つの添削項目

現役キャリアコンサルタントが教える就活支援最前線。方法は違えども採用担当者が聞きたいことに大きな違いはありません。採用目線でエントリーシートの押さえるべきポイントをしっかり点検しておきましょう。チェックするべき項目はたったこれだけ。

こんにちは、デキルニンです。

個別相談に来る就活生から、「エントリーシート(ES)が書けないんです」とか「どんなESを書いたら通りますか?」と聞かれます。

採用面接官がESから「会社に必要な人材だ」「本人に会って確かめたい」と思うESがいわゆる『通るES』です。

一般的なESの質問項目

  1. 志望動機
  2. 自己アピール
  3. ガクチカ(学生時代に頑張って取り組んだこと)

今回はこの3項目に絞ってチェックの際のポイントを解説します。

1,志望動機をチェック

企業にどのように貢献できるか、
その熱意が伝わるか?

志望動機なので、その業界、その企業を志望する動機(理由)から書き始めます

企業研究が浅いと、どの企業でも同じような内容になってしまい、その企業を志望する理由になりません。

企業訪問をして得た情報など自分の想いを交え、他の就活生との差別化を図りたいですね。

「入社後、自分のどのような力を使い、どのように貢献できるか」を伝えます。

2、自己アピールをチェック

学生時代を通して成長したストーリーが
具体的に伝わるか?

私の強みは〇〇です。私は〇〇という行動特性を持っています。

など、自分のアピール要素を伝えます。

ここで肝心なのは、どのような体験を通してその力を身につけてきたかの「具体例」です。

どのエピソードが相応しいか、選び出すつもりで今までの活動を思い出してください。

客観的に見て「そのエピソードで自分の成長が伝えられているか」を確認します。

3、ガクチカをチェック

なぜそれに取り組んだか、
意図が伝わる書き方か?

就活生は学生時代に力を入れたことを「ガクチカ」って言いますね。

設問には、「一番熱心に~」「最も頑張った~」となっている時もあります。

この設問で企業は、その活動に主体的に、目的をもって取り組んだかどうか?を判断します。

  • なぜその活動に取り組もうと思ったのか?
  • どのように取り組んでいたのか?
  • 結果どのように成長したか?

分の伝えたい意図が伝わるように論理的に文章を構成します。

活動だけを説明し「取り組んだことは何ですか?」の設問にしか答えていないガクチカをよく目にします。

「その活動から何を得たのか、それを今後どのように活かせそうか」

という大事なポイントが見えてきません。

完成したESを何度も読み直してみましょう

自分でチェックするのは大変なので、周りの大人や友人に読んでもらい客観的な感想、意見を頂くのもお勧めです。

「ガクチカ」を通して身につけた力が「自己アピール文」で示され、その力を使って貢献できる意欲が「志望動機」に盛り込まれます。

実はこれらのチェック項目は全てつながっています。

そう考えると

良いエントリーシートを書くコツは
「自己分析」や「企業研究」などの準備を通して、
ES全体を貫く「筋を通す」こと

だと分かります。

エントリーシートは「自分の代わりに面接を受けに行く」ものだと思い、
しっかりと送り出したいですね。

企業に提出する前に!ESチェックリスト

あなたのES通過率を上げるために、
以下のチェックリストでESを客観的にチェックしてみましょう!

  1. 誤字脱字や表記ゆれはない?
  2. 語尾は統一されてる?「だ。である。です。ます。」
  3. カタカナや送り仮名の統一されてる?「終わり>終り ただし>但し」
  4. 製品名会社名に間違いはない?
  5. 同じ表現が多くなっていない?
  6. 主張は伝わる?
  7. 相手が知りたがっている情報になっている?
  8. 不安や懸念を解消する情報が入っていない?
  9. ESに反感を感じない?敬意を払った表現?
  10. 相手の質問はどんな回答を期待してる?相手のメッセージが読み解けてる?
  11. 質問意図のとり違いはない?
  12. シンプルな答えになっているか、結論ファーストになっている?
  13. 根拠に納得感があるか、ロジックに説得力はある?
  14. 相手が共感できるポイントは?うなずける内容になっている?
  15. 相手にとって特に重要なポイントに重みづけされているか?
  16. 相手は採用したくなる?その気にさせることのできる内容になっている?

ES添削のお手伝いします

就活トレーナーの親身な個別指導と、
書いたガクチカESに対する「分析・評価・フィードバック」で、
効果の高いES対策を図ることができます!

「短時間で集中的に就活対策がしたい」という方にも最適です。

デキルニンの就職塾

コメントを残す