就活面接で聞かれる最近気になるニュースの答え方

こんにちはデキルニンです。今回、就活生から受けた相談は「面接で“最近、気になったニュースは?”と聞かれたけど、準備してなくて答えられなかった」というものです。周りにいた就活生たちからも、「新聞やニュースを見るようにしているけど、私が志望する企業のニュースはありませんでした」との声もありました。

はたして本当にそうなのでしょうか?

ある程度の規模の会社でしたら、メディアに取り上げられていないにしても、何らかの情報発信を行っていそうなものですが。

ということで今回は「気になったニュースは?」という質問にどう準備をしていけばいいのか、企業側があなたから何を聴き出したいと思っているかという視点で、考えてみます。

企業はあなたの癖を知りたがっている

面接が進むにつれて企業は、「本当にウチにとって必要な人材だろうか?」ということを確かめるため、あなたの内面的な力を見極めるような質問をしてきます。

では「内面的な力」とはどのようなものでしょうか。

内面的な力は「行動特性」と解釈すると分かりやすくなります。今回のケースでいえば、「あなたが情報に接したとき、どのように対応する“癖”を持っているか?」ということです。

企業には、「社員を育てる」というミッションがあります。
そのために会社は研修などを通じ様々な情報を与え、あなたを育成しようとするでしょう。

しかしせっかく与えられた情報に対して、あなたが「興味がないから」と無関心でいられると、いつまでも成長しないので困ります。

会社はあなたが「成長できるポテンシャル」を備えているか、入社面接の最終ギリギリまで、行動特性を確かめてきます。

そんな中で「気になるニュースがない」と答えられては、
会社はあなたが何に関心があるのか分からないばかりか、
今後、成長してくれる可能性すら判断することができないのです。

他にも企業が知りたい事として

  1. 情報の感度をはかるため
    情収集力はあるのか、正しく理解できるのか、知識を得ることに前向きかなど
  2. 社会問題への意識を見る
    自分の考えを持っているのか、社会に関心を持っているか
  3. 個性を知りたいため
    どんな事に興味があるのか、どんな事を思うのか、経験があるのかなど

日頃からニュースや情報に触れておきましょう。SNSでは意見が偏ったり、歪曲されたニュースも多いため、ニュースについて解説された書籍や、新聞がおススメです。

会社に評価されやすい行動特性とは?

今後の成長につながると評価されやすい行動特性があります。

・様々な情報を入手するため、好奇心を持ち広くアンテナを張っている
・自分の考え方に固執せず、他者の意見も柔軟に取り入れようとしている
・小さな失敗に拘らず、それをプラスに変えていくよう心がけている
・やり始めたことは粘り強く継続している
・初めてのことにも冒険心をもってチャレンジしている

これらの行動特性を備えている学生は、結果的に多くの情報に接することができ、さらにそこから多くを吸収して、成長することでしょう。

興味のないニュースでも興味を持って受け止める

「最近気になったニュースは何?」という質問を通してあなたの行動特性が試されているとします。

ということになれば、どのような準備をしていけばいいかが見えてきますね。

先日、就活生たちと、メディアに頻繁に取り上げられている「自動運転」について考えてみました。

自動車業界を志望していないから関連記事ではない、と思うのではなく、そのトピックが、自分自身をはじめ、身の回りの人たちや社会にどのような影響を及ぼすのかをブレストしました。。

・ビジネスマンとして自分が出張する時、自動運転ならプレゼン資料をまとめながら移動できそう!
・自動運転なら団体旅行よりも、個人に合わせたオプションツアーが企画出来そう!
・道路の整備やインフラはどうなっていたら自動運転に適しているのだろう?

興味のあるなしに関わらず、たくさんのアイデアや意見が出ましたが、面接でもこのように気楽に答えればいいのです。

あなた自身が社会の変化にどのように対応するのか。
その影響を自分のこととして考え、面白くない情報であっても面白く受け止めるポジティブさを持っているのか。
貪欲に成長したいという意欲(覚悟)を持っているか。

幅広い探求心で日々変わる情報を主体的に取り込み、自分事として考える練習をしてみましょう。

ニュースについて伝えるポイント

結論ファースト

どのニュースについて、どう思うか答える

気になる理由を伝える

なぜ気になるのか理由を説明する、経験や知っている知識から広げても良いです

最終的に自分の意見でまとめる

どう思うのか、今後どうしたいのか、自分の意見で答えよう

SDGs(エスディージーズ)など社会・経済全体のニュース

企業全体で課題としていることについて1つは知っておこう

志望動機に関するニュース

志望動機と興味のあるニュースが重なると、業界に興味があるのだなと判断されます。出来るだけポジティブな内容で伝えてください。

宗教や思想のニュースはさける

偏った意見になりやすいため、その企業の面接で伝える必要性がない限りさけましょう。

伝える練習をしたい人は

本気の就活対策 ESの書き方講座&Web面接講座で繰り返し練習してみてください。実際に本番に近い環境での1対1の模擬面接で面接の感覚と攻略ポイントが掴めます。

本気の就活対策 ESの書き方講座&Web面接講座