2020年デキルニンマガジン就活人気記事アワードTOP10

こんにちは、デキルニンです。今年も終わりに近づきました。毎年恒例の2020年デキルニンマガジンで人気のあった記事をご紹介します。
今回は「就活」に関連した記事のアワードです。それでは早速行ってみましょう!

TOP10:大学に入って安心はまだ早い

就活で見かける残念な学生とは?~深堀質問耐性~


就職面接で結果が出ない残念な学生(惜しい学生)とは、どのような学生なのでしょうか?面接官目線で見るとその特徴が見えてきます。残念な学生の特徴を把握して不必要な減点を減らし、自信を持って面接に臨むには・・・。親御さんも学生さんも必読です。

TOP9:ホランドの六角形で自己分析

あなたの職業適性を見定める6つの性格タイプ


現役キャリアコンサルタントが教える就活支援最前線。質問に答えると「あなたはこんなタイプ」と答えをくれる自己診断ツール。気軽で便利な反面、その結果を正しく解釈しないと見当違いの決断をしてしまう危険も。自己分析ツールはこう使え!

TOP8:企業に自分が合うか見極めが大事

就活の「人物重視」って?採用担当者は何を見てる?


近年の就職活動では、学歴だけではなく人物重視としている企業が増えています。人物重視といっても何を見ているのでしょうか?ここでは、採用担当者のチェックポイントをご紹介します。

TOP7:新卒カードを活かしてますか?

1人1回しか切れない貴重な「新卒カード」の使い方


就活の際に、ぜひお子さんと共に考えていただきたい事。それは、世の中には「いつでもなれる仕事・入れる企業」と「新卒でしかなれない仕事・入れない企業」があるという事です。ということで今回は、非常に貴重な「新卒カード」の使い方についてアドバイスします。

TOP6:第1志望に入れるのは1割程度

第1志望企業に入社できる学生は4割、は本当か?


ネット上に溢れる「第一志望企業に入れた割合」に関する情報。その確率は3~4割と言われていますが、これって本当に信用してよい情報なのでしょうか?今回は第一志望企業への入社が叶う可能性について掘り下げ、本当はどのくらいがリアルな割合なのかを探ります!

TOP5:一度覚えると長く使えるスキルとは

スキルとテクニックの意味の違いは?アップさせるならどっち?


「英語のスキル」と「英語のテクニック」が並んでいたとき、あなたはどちらをアップしたいと思いますか?どちらを選ぶかによって、未来のキャリアが大きく変わるかもしれませんよ。まずは違いを比較してみましょう。

TOP4:GPA「3.5」以上は強力な武器になる

大学での「成績が良い」はアピールになるのか?


親御さんのみなさん。“GPA”ってご存知ですか?実は、お子さんの大学での成績は数値化されて評価されるのです!現在の就職事情に精通する人財育成コンサルタントから親御さんへのアドバイス。今回のテーマは『大学成績のアピール基準“GPA”』です。

TOP3:私が尊敬するのは両親です

就活面接で「尊敬する人物は親と答えてはいけない」は本当か?


「あなたが尊敬する人物は誰ですか?」
就活面接でのこの問いに対して「親」と答える就活生は面接官にどう評価されるのでしょうか?
面接官としての経験を基に、「親」と答えることで生じるデメリットを考察し、ハイリターンを得るための方法をお伝えします。

TOP2:一生安泰?優良企業とは

東証一部上場企業に入社すれば安泰なのか?


「我が子には安定企業に入社して欲しい」というのが、就活生を持つ親の本音ですよね。それ自体はごく自然で、何ら間違ったものではありません。では、そんな親御様に質問です。「東証一部上場企業」であれば「安定企業」だから、ひとまず安泰だ。YES or NO?

TOP1:企業が求める5つの能力

就活生に求められる能力 ~企業が欲しいと思う人材とは?~


採用活動において、企業が就活生に求める能力とはどのようなものでしょうか?
もちろん、即戦力としての仕事の能力や資格、そして未来に向けたキャリアに関するビジョンを持つことは重要なことです。しかし、まだまだ学生である就活生に、即戦力としての能力はそれほど求めていないものです。ここでは、企業が欲しいと思う人材について詳しくご紹介します。

まとめ

以上トップ10をご紹介しました。全体的に自己分析やスキルの話が多いですね。

就活で活かせる魅力の見つけ方や、面接で伝わる説明の方法が知りたい方は、本気の就活対策「ESの書き方&Web面接」を1度試してみてください。

一度のレッスンで書き方と、伝えるコツがわかります。

本気の就活対策 ESの書き方講座&Web面接講座

コメントを残す