22卒コロナ禍の就活エントリーはいつから?10月から始まるよ!?

こんにちはデキルニンです。いままでの就活エントリーは3月からでした、22卒のエントリーは早まりそうです。前回の就活セミナーで講師が大事なことを言っていますので、取り上げてみました。音声付きで視聴できる方は、動画をご覧ください。

コロナ禍の採用は

企業側が何を考えているかっていうと、インターンで選考の母集団の形成をしたいなあ、なんてことを考えているわけですね。

その母集団の中から、web面接なんかで一回で見ることってなかなか難しいぞ、
一回で評価しきることが難しいことを、今年の経験で分かってるわけです。

ここから手を替え品を替え、web面接会やweb懇親会など、名前を変えながら、徐々に徐々に接点を持とうとするわけですね。

何回も何回も接点を持ち、徐々に徐々に絞り込みをしていきたいなと考えているんですね。

通例通りの選考方法について、

3月解禁後の選考、フラットな状態での選考というのも残りますが、
どっちがメインになるのかって言うと、インターンからの長期選考がメインルートになってくるんじゃないかなと、現状では予想が立ちます、ということです。

ただしここからお話すること全般に関わってくる部分でもありますが、コロナがどうなるかあるいは社会情勢がどうなるか、政府の介入がどうなるか、によって状況っていうのがその都度変わっていく可能性があります。

現場ではこういう選考の仕方をするんじゃないかな、実際やっていこうという動きがあるんだよっていうところを捉えていただきたいというところです。

変わる可能性もあるよっていうところは、しっかり意識していただきたい。

つまり情報感度を高く持っておかないと、変わった時対応できないということですね。

従来の就活スケジュールってどうだったのって言うと、この夏のインターンなんかで企業の分析や業界の分析なんかをしっかり行なった上で、あるいは自己分析なんかを改めてし直し、spiなどの就活対策、面接対策なんかを3月の1日までにしっかりやっときましょうね。

で解禁日になったら、エントリーボタンをすぐ押しせるように、エントリーするべきところを決めときましょうね。

こんな状態だったわけです。

位置づけ的に言えば、2月末までは事前準備の期間だったわけですね。

でもこのやり方をやってると今年は間に合わない可能性が非常に高いということです。

長期選考の母集団形成はこの時期、3年生の夏から秋、今まさに行われています。

ここでも集団に入っておくっていうことがまず大事ですよね。あるいは企業によっては3月1日の就活解禁日を待たずに内々定、内々々定ですかね、正確に言うと、そういう表記になるかなと思いますが、出していくなんてこともあると思います。

大ぴらに言えない場合、「あなたに来て欲しいと思ってんだけどまだ言えないんだよね」みたいな話が出てくる可能性がおおいにあります。

逆に言えば皆さんが、12月や1月2月までのところで、そういうふわっとした内定を12社持ってるって事が理想だったりするわけですね。

3月解禁待たずに、内々定をとっていくっていうことが、今年においては非常に大事になってくるということです。

これ去年までは「特別選考ルート」なんて呼んでいました。今年の6月の頭のタイミングでも特別選考ルートなんていう風に呼んで、ここ目指そうね、なんて話をしていましたけれども、状況が変わってます。

これ「特別選考ルート」じゃなくて「通常ルート」になりつつあるよ、というようなところですね。

また今母集団の形成を行い、長期的に絞り込みをしていくっていう作業になっていきますから、1月の中旬ぐらいでやっぱりここを受けたいなあ、参加したいなーってなっても、途中割り込みできない可能性が高いですね。

考えてみてくださいね、今から母集団形成が行われ10月11月と面接とは言わないまでも面接みたいなことが行われているわけです。

3次面接から途中入場したいですという方、途中で入れると思いますか?まず無理ですよ。

特別なスキルであったりとか何か一見するものがない限り、割り込みってのは実は難しかったりします。

だとすれば何しなきゃいけないのか、今のうちにインターンに参加するってことが求められるんですよ。ということです。

この集団に入っておかないと、お話にならないという風になってしまう可能性が非常に高いということなんですね。

これが今話してきている対策の部分だったりするわけですね。

知っているのと知っていないのとでは大きく変わると思います

じゃあ今から一生懸命インターンに応募していけばいいのか。

その通りだと思うんですね、しっかりと参加をしていてその中で取捨選択をしていけば、実りのある就職活動になるでしょう。

ですが、ここを意識しないまま2月末まで準備期間だと捉えてしまうと、その頃にはマーケットがクローズしてるって言う可能性もあるということです。

大きな差が出ちゃうわけですね。

そうならないように今から参加をしていくって意識を持っていただきたい、というところです。

つまりこういうことです。志望企業が志望者の絞り込みを開始する前に、つまり、今の時期に接触しておくっていうことが大事なんですよ。

興味のある企業や業界のインターンに片っ端から応募、参加、これを行っててくださいね、ということです。

どういうことなのかと言うと、今話した通り、自己分析や業界企業分析を3月までじっくり行って準備を整える、例年のやり方は通用しない可能性が高いんですよ。

インターン等に積極参加しつつ、接点持ちながら、母集団に入りながら、自己分析と企業分析を進めていく、走りながらアジャストしていくということが、非常に大事になってくるんだということなんですね。

▼動画で解説してます

就活全般・自己分析・ESの書き方のご相談は、
無料体験会を活用ください☆

就活イベント

The following two tabs change content below.

デキルニン

デキルニン仕事能力開発集団のマスコット、若者がポジティブに働ける社会を目指している。デキルニンの成分はデキストリン[(C6H10O5)n]と、あとは秘密。