就活を始めた学生へ~自分のアピールポイントを見つける基本的な方法とは~

自分のアピールポイントをしっかりと把握できていない学生は意外に多いものです。
採用面接で人事担当者にアピールできる自分の強みは、どのようにすれば見つけることができるのでしょうか。
ここでは、自分のアピールポイントを見つける方法を考えていきます。

こんにちは。親指です。

採用面接の際、「自分のアピールポイント」は必ず聞かれることです。

仕事で役立つ能力や資格を伝えればいいのか、自分の人柄を説明すればいいのか、学生にとっては悩ましいものでしょう。

回答次第では、未来のキャリアが決定するわけですから、慎重に考えていきたいものです。

過去の出来事や経験をリストアップする方法

アピールポイントを見つけるためには、まず自分自身の生い立ちから現在までを振り返ってみて、印象に残っていることを思い出してみましょう。

そして、それを以下の手順で書き出してみましょう。

<書き出しの手順>

1、時代(幼少時代、中学時代、高校時代、大学時代)ごとにあった印象的な出来事や経験
2、1で書いた出来事や経験の状況、どのような行動をしたか、その結果得たもの
3、1で書いた出来事や経験から何を学んだか

ちなみに、書き出す場合は「5W1H」を用いて書き出すと整理しやすいものです。

「5W1H」とは

When「いつやりましたか?」
Who「誰がやりましたか?」
Where「どこでやりましたか?」
What「何をやりましたか?」
Why「なぜやりましたか?」
How「どのようにやりましたか?」

という5つのWと1つのHのこと。

そして、書き出した出来事を振り返り、自分自身が何を得意としているのか、やりがい、楽しかったことなどを箇条書きで書いていくと、自分の「できること」が見えてきます。

デキルニンの就職塾 – 専門家が教える個別指導の就職塾

他人に聞いてみる方法

自分のこれまでの経験を振り返った時、特に幼少期のころなどの思い出は、意外と忘れてしまっていることがあります。

自分はあの時、こんなことをしていたと思ったけど、一緒に過ごした人に聞いたら、まったく記憶違いだったことなんてざらです。

そこで、身近な人と、一緒に昔を振り返ってみるのも一つの手です。

特に、親、兄弟姉妹、友人など、自分を良く知っている人達に話を訊くと、自分を客観視することができるので自己PRの幅が拡がります。

気恥ずかしいかもしれませんが、自分をもっと知る機会だと思って、ぜひトライしてみてください!

ちなみに僕は、親には聞けなかったので、親しかった学校の先生に聞きに行きました。

短所も言い回し次第ではアピールポイントになる

「自分自身には長所がなく、短所ばかりだ」と嘆いている人は少なくありません。

しかし、自分が短所だと考えていることを反対に捉えれば、長所だと考えることができるものもあります。

例えば「三日坊主」という短所は、さまざまなことに興味を持ち、好奇心に満ちあふれていることの表れと考えることもできます。

見方を変えれば、短所は長所になるのです。

まとめ

自分自身を分析すれば、さまざまなアピールポイントが浮かび上がります。

小さなことであっても、意外と大きなアピールポイントになるものもあるかもしれません。

今回ご紹介したポイントを参考にして、就職活動で大きな武器となるあなただけのアピールポイントを見つけてみてください。

↓キャリアのプロからの自己分析アドバイス↓

普通の学生の自己分析をポジティブ思考で超戦略的に転換する方法

これから就活を迎える大学生へ

現在、デキルニンでは【デキルニンの就職塾】という就活支援サービスをご提供しています。

一人の就活生に対して一人の就活トレーナーがマンツーマン指導を行い、『提出先企業に最適なESが書けない』『なかなかESが通らない』『面接で落とされてしまう』などの課題を解決します。

また、近時早期化する就活現場の動きに合わせて、『早期に動き出してライバルに差をつけたい』『志望企業のインターン選考を突破したい』『短時間で集中的に就活対策がしたい』という大学1~2年生にも最適です。

【デキルニンの就職塾】で就活トレーナーとして指導するのは、キャリア形成サポートのプロである“キャリアコンサルタント(国家資格保有者)”です。

キャリアのプロだからこそできる専門的かつ効果的な指導で、お子さんの内定をグッと引き寄せます!

デキルニンの就職塾 – 専門家が教える個別指導の就職塾

The following two tabs change content below.

親指

デキルニンに参画してから、めっきり体重が増加。 首がなくなり、嫁からは親指といわれる。 「俺でもわかる!」をモットーに、親指自身が読んで理解できる易しい記事を執筆します。